vim-jp / vimdoc-ja / workshop

workshop - Vim日本語ドキュメント

メインヘルプファイルに戻る English | 日本語
workshop.txt  For Vim バージョン 8.0.  Last change: 2013 Jul 06


                VIM リファレンスマニュアル    by Gordon Prieur


Sun Visual WorkShop との連携機能                workshop workshop-support

1. 機能紹介                                             workshop-intro
2. コマンド                                             workshop-commands
3. WorkShop用vim/gvimのコンパイル                       workshop-compiling
4. Configuring gvim for a WorkShop release tree         workshop-configure
5. 最新のXPMライブラリの取得方法                        workshop-xpm

{Vi にはこれらの機能はない}
{+sun_workshop機能を付けてコンパイルしたときのみ利用可能}

==============================================================================
1. 機能紹介                                             workshop-intro

Sun Visual WorkShopではデバッグに使用するエディタを "Editor of Choice" {訳注:
エディタの選択}によってユーザーの好みのものに変更できる。バージョン6.0のリリー
スにあたりgvimはこれに対応した。WorkShopのデバッグセッションにはデバッグウィン
ドウとエディタウィンドウが表示される(同じように他のウィンドウが表示される可能
性もある)。ウィンドウを切換える必要は最低限で良く、ユーザーはエディタウィンド
ウから多くのデバッグ操作を行うことができる。

Sun Visual WorkShop 6 (Forte Developer6とも呼ばれる)に付属するVimのバージョン
は5.3である。このリリース{訳注:Vim 6}の機能はVisual WorkShopに付属するvim/gvim
よりもかなり頼りになる。vimをエディタとして選択しているVWS{訳注:Visual
WorkShopの略}のユーザーは、{訳注: Vim 6の}ソースをコンパイルしWorkShopのリリー
スツリーへインストールするべきだ。

==============================================================================
2. コマンド                                             workshop-commands

                                                :ws :wsverb
:ws[verb] {verb}                {verb}を命令実行エンジンに渡す

WorkShop関数に{verb}を渡し、関数は幾つかの引数を集めて{verb}とデータをIPC接続
を通じてWorkShopへ送る。

==============================================================================
3. WorkShop用vim/gvimのコンパイル                       workshop-compiling

コンパイル時にFEAT_SUN_WORKSHOPを指定すると、Visual WorkShopに対応したVimを構
築するのに必要なコンパイルフラグが全て有効化される。VWSのリリースに含まれるSun
のコンパイラを使って、VWSに必要な機能が構築されテストされる。GNUのコンパイラを
使っている場合は構築もテストもされない。これはgccでは決して構築し実行すること
ができないのではなく、単に保証ができないという意味である。

==============================================================================
4. Configuring gvim for a WorkShop release tree         workshop-configure

VimをSun Visual WorkShop 6と共に使えるようにするためには、幾つかの仮定をしなけ
ればならない。

    o gccではなくVWSに付属のコンパイラを使わなければならない。gccでは構築もテ
      ストもしていないので正しく構築できるかは保証できない。

    o XPMライブラリを自分で用意しなければならない。最新のXPMの入手方法の詳細は
      下記のworkshop-xpmを参照すること。

    o ディレクトリsrc/の中のMakefileを編集し、Sun Visual WorkShopのための何行
      かのコメントを解除する。文字列FEAT_SUN_WORKSHOPを検索すれば簡単に見つけ
      ることができる。

    o GUIにはMotifを使用することを提案する。そうすればgvimの外見と感触がSun
      Visual WorkShopの他の部分と同じようなものになる。

下のコマンドはSun Visual WorkShopに対応したvimを構築するよう構成したい時に使用
できる:

    $ CC=cc configure --enable-workshop --enable-gui=motif \
        -prefix=<VWS-install-dir>/contrib/contrib6/<vim-version>

<VWS-install-dir>にはSun Visual WorkShopをインストールしたベースディレクトリを
指定する。デフォルトでは/opt/SUNWsproである。通常Vimをインストールするには管理
者権限が必要になる。<VWS-install-dir>/bin/gvimが新しくインストールしたgvimを指
すようにsymlinkを変更する必要もある。<vim-version>にはバージョンを示す文字列を
指定する。著者は "vim" にversion.hの中のVIM_VERSION_SHORTと同じ物を付加して使っ
ている。

==============================================================================
5. 最新のXPMライブラリの取得方法                        workshop-xpm

XPMライブラリはVimで(MotifかAthenaを使って)画像を表示するために必要とされる。
それ無しではツールバーと目印が利用できなくなる。

XPMライブラリは French National Institute for Research in Computer Science and
Control{訳注:フランス国立コンピュータ科学/制御研究所---通称INRIA} の Arnaud Le
Hors によって提供されている。http://cgit.freedesktop.org/xorg/lib/libXpm より
ダウンロードできる。これを書いている時点での最新版はxpm-3.4k-solaris.tgzでgzip
されたtarファイルである。ディレクトリ /usr/local/xpmを作成してそこにファイルを
伸長展開したならば、Makefile内のコメントアウトされた行を内容は変更せずにコメン
トを解除するだけで使うことができる。もしもxpmを他のディレクトリに置いたならば
src/Makefile内のXPM_DIRを変更する必要がある。

 vim:tw=78:ts=8:ft=help:norl: