vim-jp / vimdoc-ja / vimindex

vimindex - Vim日本語ドキュメント

メインヘルプファイルに戻る
*index.txt*     For Vim バージョン 7.4.  Last change: 2016 Feb 27


                  VIMリファレンスマニュアル       by Bram Moolenaar


                                                                *index*
このファイルには各モードのすべてのコマンドが列挙されており、タグと短い説明が示
されている。一覧はASCIIコード順に並んでいる。

ヒント: 機能で検索するときは、検索コマンドを使用する。例えば、何かを削除するコ
マンドを検索したいなら、"/削除" を使用する。

1. 挿入モード                           |insert-index|
2. ノーマルモード                       |normal-index|
   2.1. テキストオブジェクト            |objects|
   2.2. ウィンドウコマンド              |CTRL-W|
   2.3. 角括弧コマンド                  |[|
   2.4. 'g' で始まるコマンド            |g|
   2.5. 'z' で始まるコマンド            |z|
3. ビジュアルモード                     |visual-index|
4. コマンドライン編集                   |ex-edit-index|
5. EX コマンド                          |ex-cmd-index|

オプションの概略は help.txt を参照。|option-list|
組み込み関数の詳細は|functions|を参照。
Vim変数の一覧は|vim-variable|を参照。
全ヘルプ項目の一覧は |help-tags| を参照。

==============================================================================
1. 挿入モード                                           *insert-index*

タグ            文字            挿入モードでの動作
-----------------------------------------------------------------------
|i_CTRL-@|      CTRL-@          直前に挿入したテキストを挿入し、挿入モードを
                                終了する。
|i_CTRL-A|      CTRL-A          直前に挿入したテキストを挿入する。
                CTRL-B          未使用 |i_CTRL-B-gone|
|i_CTRL-C|      CTRL-C          'insertmode' がセットされていなければ、短縮入
                                力をチェックせずに挿入モードを終了する。
|i_CTRL-D|      CTRL-D          現在の行から shiftwidth 分のインデントを削除
                                する。
|i_CTRL-E|      CTRL-E          下の行のカーソルと同じ位置にある文字を挿入する
                CTRL-F          未使用 (しかし標準設定では'cinkeys'の設定によ
                                りカーソル行を再インデントするのに使用される)
|i_CTRL-G_j|    CTRL-G CTRL-J   下の行へ移動。カーソルは挿入開始位置と同じ列へ
|i_CTRL-G_j|    CTRL-G j        下の行へ移動。カーソルは挿入開始位置と同じ列へ
|i_CTRL-G_j|    CTRL-G <Down>   下の行へ移動。カーソルは挿入開始位置と同じ列へ
|i_CTRL-G_k|    CTRL-G CTRL-K   上の行へ移動。カーソルは挿入開始位置と同じ列へ
|i_CTRL-G_k|    CTRL-G k        上の行へ移動。カーソルは挿入開始位置と同じ列へ
|i_CTRL-G_k|    CTRL-G <Up>     上の行へ移動。カーソルは挿入開始位置と同じ列へ
|i_CTRL-G_u|    CTRL-G u        アンドゥで元に戻す地点を新たに設定
|i_<BS>|        <BS>            カーソルの前にある文字を削除する。
|i_digraph|     {char1}<BS>{char2}
                                ダイグラフを入力する。 ('digraph' オプションが
                                オンのとき)
|i_CTRL-H|      CTRL-H          <BS> と同じ
|i_<Tab>|       <Tab>           <Tab> 文字を挿入
|i_CTRL-I|      CTRL-I          <Tab> と同じ
|i_<NL>|        <NL>            <CR> と同じ
|i_CTRL-J|      CTRL-J          <CR> と同じ
|i_CTRL-K|      CTRL-K {char1} {char2}
                                ダイグラフを入力する。
|i_CTRL-L|      CTRL-L          'insertmode'がオンのとき、挿入モードを終了する
|i_<CR>|        <CR>            改行を入力。
|i_CTRL-M|      CTRL-M          <CR> と同じ。
|i_CTRL-N|      CTRL-N          カーソルの前にあるキーワードで前方検索し、一致
                                した単語で補完する。
|i_CTRL-O|      CTRL-O          1回コマンドを実行し、挿入モードに戻る。
|i_CTRL-P|      CTRL-P          カーソルの前にあるキーワードで後方検索し、一致
                                した単語で補完する。
|i_CTRL-Q|      CTRL-Q          CTRL-V と同じ。端末制御に使用されている場合を
                                除く。
|i_CTRL-R|      CTRL-R {0-9a-z"%#*:=}
                                レジスタに保存されている文字列を挿入。
|i_CTRL-R_CTRL-R| CTRL-R CTRL-R {0-9a-z"%#*:=}
                                レジスタに保存されている文字列そのものを挿入。
|i_CTRL-R_CTRL-O| CTRL-R CTRL-O {0-9a-z"%#*:=}
                                レジスタに保存されている文字列そのものを挿入。
                                インデントは挿入しない。
|i_CTRL-R_CTRL-P| CTRL-R CTRL-P {0-9a-z"%#*:=}
                                レジスタに保存されている文字列そのものを挿入。
                                インデントは固定。
                CTRL-S          (端末制御に使用)
|i_CTRL-T|      CTRL-T          現在の行に shiftwidth 分のインデントを挿入する。
|i_CTRL-U|      CTRL-U          現在の行に挿入したすべての文字を削除する。
|i_CTRL-V|      CTRL-V {char}   続いて入力する数字以外の文字をそのまま挿入する
|i_CTRL-V_digit| CTRL-V {number} 続いて入力する3桁の10進数で1バイト文字を指定
                                 して挿入
|i_CTRL-W|      CTRL-W          カーソルの前にある単語を削除する。
|i_CTRL-X|      CTRL-X {mode}   CTRL-X サブモードに移行する。
                                詳しくは|i_CTRL-X_index|を参照。
|i_CTRL-Y|      CTRL-Y          上の行のカーソルと同じ位置にある文字を挿入する
|i_CTRL-Z|      CTRL-Z          'insertmode' がセットされている場合: Vim をサ
                                スペンドする。
|i_<Esc>|       <Esc>           挿入モードを終了する。('insertmode' がセットさ
                                れていない場合)
|i_CTRL-[|      CTRL-[          <Esc> と同じ。
|i_CTRL-\_CTRL-N| CTRL-\ CTRL-N ノーマルモードへ移行。
|i_CTRL-\_CTRL-G| CTRL-\ CTRL-G 'insertmode' に合わせたモードへ移行。
                CTRL-\ a - z    将来の拡張のために予約。
                CTRL-\ others   未使用
|i_CTRL-]|      CTRL-]          短縮入力を適用する
                CTRL-^          マップ|:lmap|の有効無効を切り替える
|i_CTRL-_|      CTRL-_          'allowrevins' がオンのとき、言語を切り替える。
                                (ヘブライ語、ペルシア語) {|+rightleft| 機能付
                                きでコンパイルしたときのみ}
                <Space> to '~'  未使用。ただし CTRL-D が後に続く '0' と '^' は
                                除く。

|i_0_CTRL-D|    0 CTRL-D        現在の行の全インデントを削除する。
|i_^_CTRL-D|    ^ CTRL-D        現在の行の全インデントを削除し、次の行に復元。

|i_<Del>|       <Del>           カーソル位置の文字を削除。

                Meta characters (0x80 to 0xff, 128 to 255)
                                未使用

|i_<Left>|      <Left>          カーソルを1文字左へ移動。
|i_<S-Left>|    <S-Left>        カーソルを1単語左へ移動。
|i_<C-Left>|    <C-Left>        カーソルを1単語左へ移動。
|i_<Right>|     <Right>         カーソルを1文字右へ移動。
|i_<S-Right>|   <S-Right>       カーソルを1単語右へ移動。
|i_<C-Right>|   <C-Right>       カーソルを1単語右へ移動。
|i_<Up>|        <Up>            カーソルを1行上へ移動。
|i_<S-Up>|      <S-Up>          <PageUp> と同じ。
|i_<Down>|      <Down>          カーソルを1行下へ移動。
|i_<S-Down>|    <S-Down>        <PageDown> と同じ。
|i_<Home>|      <Home>          カーソルを行の先頭へ移動。
|i_<C-Home>|    <C-Home>        カーソルを行の先頭へ移動。
|i_<End>|       <End>           カーソルを行末へ移動。
|i_<C-End>|     <C-End>         カーソルを行末へ移動。
|i_<PageUp>|    <PageUp>        1画面上へスクロール。
|i_<PageDown>|  <PageDown>      1画面下へスクロール。
|i_<F1>|        <F1>            <Help> と同じ。
|i_<Help>|      <Help>          挿入モードを終了し、ヘルプウィンドウを表示する。
|i_<Insert>|    <Insert>        挿入/置換モードをトグルする。
|i_<LeftMouse>| <LeftMouse>     カーソルをマウスクリックした位置へ移動。
|i_<ScrollWheelDown>|   <ScrollWheelDown>       ウィンドウを3行下へ
|i_<S-ScrollWheelDown>| <S-ScrollWheelDown>     ウィンドウを1画面下へ
|i_<ScrollWheelUp>|     <ScrollWheelUp>         ウィンドウを3行上へ
|i_<S-ScrollWheelUp>|   <S-ScrollWheelUp>       ウィンドウを1画面上へ
|i_<ScrollWheelLeft>|   <ScrollWheelLeft>       ウィンドウを6列左へ
|i_<S-ScrollWheelLeft>| <S-ScrollWheelLeft>     ウィンドウを1画面左へ
|i_<ScrollWheelRight>|  <ScrollWheelRight>      ウィンドウを6列右へ
|i_<S-ScrollWheelRight>| <S-ScrollWheelRight>   ウィンドウを1画面右へ

CTRL-X サブモードで使用するコマンド                     *i_CTRL-X_index*

|i_CTRL-X_CTRL-D|       CTRL-X CTRL-D   定義済みの識別子を補完。
|i_CTRL-X_CTRL-E|       CTRL-X CTRL-E   ウィンドウを上へスクロール。
|i_CTRL-X_CTRL-F|       CTRL-X CTRL-F   ファイル名を補完。
|i_CTRL-X_CTRL-I|       CTRL-X CTRL-I   識別子を補完。
|i_CTRL-X_CTRL-K|       CTRL-X CTRL-K   辞書の識別子を補完。
|i_CTRL-X_CTRL-L|       CTRL-X CTRL-L   行全体を補完。
|i_CTRL-X_CTRL-N|       CTRL-X CTRL-N   次の補完候補。
|i_CTRL-X_CTRL-O|       CTRL-X CTRL-O   オムニ補完
|i_CTRL-X_CTRL-P|       CTRL-X CTRL-P   前の補完候補。
|i_CTRL-X_CTRL-S|       CTRL-X CTRL-S   スペリング補完
|i_CTRL-X_CTRL-T|       CTRL-X CTRL-T   類語による補完
|i_CTRL-X_CTRL-Y|       CTRL-X CTRL-Y   ウィンドウを下へスクロール。
|i_CTRL-X_CTRL-U|       CTRL-X CTRL-U   'completefunc' による補完
|i_CTRL-X_CTRL-V|       CTRL-X CTRL-V   コマンドラインと同様な補完
|i_CTRL-X_CTRL-]|       CTRL-X CTRL-]   タグを補完。
|i_CTRL-X_s|            CTRL-X s        スペリング補完
{|+insert_expand| 機能付きでコンパイルしたときのみ利用可能}

==============================================================================
2. ノーマルモード                                       *normal-index*

CHAR     空白以外の文字
WORD     空白以外の文字からなる文字列
N        コマンドの前に入力される数字
{motion} カーソル移動コマンド
Nmove    {motion} でカーソルが通過するテキスト
SECTION  セクション。'{' ではなく '}' の場合もある|section|

Note: 1 = カーソル移動コマンド  2 = アンドゥ/リドゥ可能

タグ            文字           注  ノーマルモードでの動作
------------------------------------------------------------------------------
                CTRL-@             未使用
|CTRL-A|        CTRL-A          2  カーソル位置/カーソルより後ろにある数字に N
                                   を加える。
|CTRL-B|        CTRL-B          1  ウィンドウを N 画面上へスクロール。
|CTRL-C|        CTRL-C             現在の(検索)コマンドを中断する。
|CTRL-D|        CTRL-D             ウィンドウを N 行下へスクロールする。
                                   (省略時は半画面)
|CTRL-E|        CTRL-E             ウィンドウを N 行下へスクロールする。
|CTRL-F|        CTRL-F          1  ウィンドウを N 画面下へスクロール。
|CTRL-G|        CTRL-G             現在のファイル名とカーソル位置を表示する。
|<BS>|          <BS>            1  "h" と同じ。
|CTRL-H|        CTRL-H          1  "h" と同じ。
|<Tab>|         <Tab>           1  N 個先のジャンプリストの場所へジャンプする。
|CTRL-I|        CTRL-I          1  <Tab> と同じ。
|<NL>|          <NL>            1  "j" と同じ。
|CTRL-J|        CTRL-J          1  "j" と同じ。
                CTRL-K             未使用
|CTRL-L|        CTRL-L             画面の再描画。
|<CR>|          <CR>            1  カーソルを N 行下の先頭の CHAR へ移動。
|CTRL-M|        CTRL-M          1  <CR> と同じ。
|CTRL-N|        CTRL-N          1  "j" と同じ。
|CTRL-O|        CTRL-O          1  N 個前のジャンプリストの場所へジャンプする。
|CTRL-P|        CTRL-P          1  "k" と同じ。
                CTRL-Q             (端末制御に使用)
|CTRL-R|        CTRL-R          2  'u' でアンドゥした変更をリドゥする。
                CTRL-S             (端末制御に使用)
|CTRL-T|        CTRL-T             N 個前のタグリストの場所へジャンプする。
|CTRL-U|        CTRL-U             ウィンドウを N 行上へスクロール。
                                   (省略時は半画面)
|CTRL-V|        CTRL-V             矩形ビジュアルモードを開始する。
|CTRL-W|        CTRL-W {char}      ウィンドウコマンド、|CTRL-W| を参照。
|CTRL-X|        CTRL-X          2  カーソル位置/カーソルより後ろにある数字に N
                                   を減じる。
|CTRL-Y|        CTRL-Y             ウィンドウを N 行上へスクロール。
|CTRL-Z|        CTRL-Z             Vim の実行を中断。(新しいシェルを開始する)
                CTRL-[ <Esc>       未使用
|CTRL-\_CTRL-N| CTRL-\ CTRL-N      ノーマルモードへ移行。(つまり何もしない)
|CTRL-\_CTRL-G| CTRL-\ CTRL-G      'insertmode' に合わせたモードへ移行。
                CTRL-\ a - z       将来の拡張のために予約。
                CTRL-\ others      未使用
|CTRL-]|        CTRL-]             カーソル位置の単語を :ta で検索する。
|CTRL-^|        CTRL-^             N 番目のファイルを編集する。(":e #N" と同じ)
                CTRL-_             未使用

|<Space>|       <Space>         1  "l" と同じ。
|!|             !{motion}{filter}
                                2  Nmove のテキストを {filter} コマンドでフィ
                                   ルタする。
|!!|            !!{filter}      2  N 行を {filter} コマンドでフィルタする。
|quote|         "{a-zA-Z0-9.%#:-"}  削除、ヤンク、プットコマンドでレジスタ
                                   {a-zA-Z0-9.%#:-"} (大文字は既存のレジスタに
                                   追加する)を指定するために使用する。({.%#:}
                                   はプットコマンドでのみ有効)
|#|             #               1  カーソル位置の単語で後方検索し、N 番目に見
                                   つかった場所へ移動。
|$|             $               1  カーソルを N 行下の行末へ移動。
|%|             %               1  現在の行にある次の括弧やC風コメント(/* */)
                                   の対、対応するプリプロセッサーなどに移動
|N%|            {count}%        1  ファイルの N パーセントの位置に移動。
|&|             &               2  最後に実行した :s コマンドを繰り返す。
|'|             '{a-zA-Z0-9}    1  {a-zA-Z0-9} でマークした行の先頭の CHAR へ
                                   カーソルを移動。
|''|            ''              1  最後のジャンプの前にいた行の先頭の CHAR へ
                                   カーソルを移動。
|'(|            '(              1  現在の文の文頭がある行の先頭の CHAR へ移動
|')|            ')              1  現在の文の文末がある行の先頭の CHAR へ移動
|'<|            '<              1  カレントバッファで選択されていた選択範囲の
                                   最初の行の先頭の CHAR へカーソルを移動。
|'>|            '>              1  カレントバッファで選択されていた選択範囲の
                                   最後の行の先頭の CHAR へカーソルを移動。
|'[|            '[              1  最後に編集したテキストまたは挿入したテキス
                                   トの先頭行の先頭の CHAR へカーソルを移動。
|']|            ']              1  最後に編集したテキストまたは挿入したテキス
                                   トの末尾行の先頭の CHAR へカーソルを移動。
|'{|            '{              1  現在の段落の最初の行の先頭の CHAR へ移動
|'}|            '}              1  現在の段落の最後の行の先頭の CHAR へ移動
|(|             (               1  カーソルを N 文だけ戻す。
|)|             )               1  カーソルを N 文だけ先に進める。
|star|          *               1  カーソル位置の単語を前方検索し、N 番目に見
                                   つかった位置へ移動。
|+|             +               1  <CR>と同じ。
|,|             ,               1  最後に実行した f, t, F または T コマンドを
                                   逆向きに N 回繰り返す。
|-|             -               1  カーソルを N 行上の先頭の CHAR へ移動。
|.|             .               2  最後の編集を N 回繰り返す。
|/|             /{pattern}<CR>  1  {pattern} で前方検索し、N 番目に見つかった
                                   位置へ移動。
|/<CR>|         /<CR>           1  最後の検索の {pattern} で前方検索。
|count|         0               1  カーソルを行頭文字へ移動。
|count|         1                  カウントを指定するためにコマンドの前に入力
|count|         2                       "
|count|         3                       "
|count|         4                       "
|count|         5                       "
|count|         6                       "
|count|         7                       "
|count|         8                       "
|count|         9                       "
|:|             :               1  Ex コマンドの入力開始。
|N:|            {count}:           カレント行から N-1 行下の行までの範囲で有効
                                   となる Ex コマンドの入力開始。
|;|             ;               1  最後の f, t, F または T を N 回繰り返す。
|<|             <{motion}       2  Nmove の行を 'shiftwidth' 分だけ左へシフト。
|<<|            <<              2  N 行を 'shiftwidth' 分だけ左へシフト。
|=|             ={motion}       2  Nmove の行のインデントを調整する。
|==|            ==              2  N 行のインデントを調整する。
|>|             >{motion}       2  Nmove の行を 'shiftwidth' 分だけ右へシフト。
|>>|            >>              2  N 行を 'shiftwidth' 分だけ右へシフト。
|?|             ?{pattern}<CR>  1  {pattern} で後方検索し、N 番目に見つかった
                                   位置へ移動。
|?<CR>|         ?<CR>           1  最後の検索の {pattern} で後方検索。
|@|             @{a-z}          2  レジスタ {a-z} の内容を N 回実行する。
|@:|            @:                 最後の ":" コマンドを N 回実行する。
|@@|            @@              2  最後の @{a-z} コマンドを N 回実行する。
|A|             A               2  行末に N 回テキストを追加する。
|B|             B               1  カーソルを N WORD だけ戻す。
|C|             ["x]C           2  カーソル位置から行末までと続く N-1 行のテキ
                                   ストを削除し[バッファ x に保存して]、テキス
                                   トを入力する; "c$" と同じ。
|D|             ["x]D           2  カーソル位置から行末までと続く N-1 行のテキ
                                   ストを削除する[バッファ x に保存する]; "d$"
                                   と同じ。
|E|             E               1  カーソルを N 先の WORD の末尾へ移動。
|F|             F{char}         1  カーソルを左方向へ N 個目の {char} に移動。
|G|             G               1  カーソルを N 行目に移動、省略時は最後の行。
|H|             H               1  カーソルを画面の上から N 行目に移動。
|I|             I               2  行の先頭の CHAR の前に N 回テキストを挿入。
|J|             J               2  N 行結合。省略時は2行。
|K|             K                  カーソル位置のキーワードを 'keywordprg' で
                                   調べる。
|L|             L               1  カーソルを画面の下から N 行目に移動。
|M|             M               1  カーソルを画面の中央の行に移動。
|N|             N               1  最後に実行した '/' または '?' を逆方向に N
                                   回実行する。
|O|             O               2  カーソルの上に新規に行を挿入し、テキストを
                                   入力、N 回繰り返す。
|P|             ["x]P           2  カーソルの前に[バッファ x の]テキストを N
                                   回挿入する。
|Q|             Q                  "Ex" モードに移行する。
|R|             R               2  置換モードに移行する: 今ある文字を上書き
                                   する、入力したテキストを N-1 回繰り返す。
|S|             ["x]S           2  N 行削除し[バッファ x に保存]、テキストの挿
                                   入開始; "cc" と同じ。
|T|             T{char}         1  カーソルを左方向へ N 個目の {char} の直後ま
                                   で移動。
|U|             U               2  1行中の最近の変更をすべて取り消す。
|V|             V                  行指定のビジュアルモードを開始する。
|W|             W               1  カーソルを N WORD 先に進める。
|X|             ["x]X           2  カーソルの前にある N 文字を削除する[バッファ
                                   x に保存]。
|Y|             ["x]Y              N 行[バッファ x に]ヤンクする; "yy" と同じ。
|ZZ|            ZZ                 カレントファイルが編集されていたら、保存し
                                   て編集を終了する。
|ZQ|            ZQ                 カレントファイルの編集を終了する。
|[|             [{char}            大括弧コマンド (下の|[|を参照)
                \                  未使用
|]|             ]{char}            大括弧コマンド (下の|]|を参照)
|^|             ^               1  カーソルを行の先頭の CHAR へ移動。
|_|             _               1  カーソルを N-1 行下の先頭の CHAR へ移動。
|`|             `{a-zA-Z0-9}    1  カーソルをマーク {a-zA-Z0-9} へ移動。
|`(|            `(              1  現在の文の文頭へ移動
|`)|            `)              1  現在の文の文末へ移動
|`<|            `<              1  最後に選択されていた選択範囲の先頭に移動
|`>|            `>              1  最後に選択されていた選択範囲の末尾に移動
|`[|            `[              1  最後に編集したテキストまたは挿入したテキス
                                   トの先頭へカーソルを移動。
|`]|            `]              1  最後に編集したテキストまたは挿入したテキス
                                   トの末尾へカーソルを移動。
|``|            ``              1  最後のジャンプの前にいた位置へカーソルを移
                                   動。
|`{|            `{              1  現在の段落の最初へ移動
|`}|            `}              1  現在の段落の最後へ移動
|a|             a               2  カーソルの直後に N 回テキストを追加する。
|b|             b               1  カーソルを N ワードだけ戻す。
|c|             ["x]c{motion}   2  Nmove のテキストを削除[バッファ x に保存]し、
                                   挿入モードへ移行。
|cc|            ["x]cc          2  N 行削除[バッファ x に保存]し、挿入モードへ
                                   移行。
|d|             ["x]d{motion}   2  Nmove のテキストを削除[バッファ x に保存]。
|dd|            ["x]dd          2  N 行削除[バッファ x に保存]。
|do|            do              2  ":diffget" と同じ。
|dp|            dp              2  ":diffput" と同じ。
|e|             e               1  カーソルを N 先のワードの末尾へ移動。
|f|             f{char}         1  カーソルを右方向へ N 個目の {char} に移動。
|g|             g{char}            拡張コマンド、下の|g|を参照。
|h|             h               1  カーソルを左へ N 文字移動。
|i|             i               2  カーソルの直前に N 回テキストを挿入する。
|j|             j               1  カーソルを N 行下へ移動する。
|k|             k               1  カーソルを N 行上へ移動する。
|l|             l               1  カーソルを右へ N 文字移動。
|m|             m{A-Za-z}          カーソル位置にマーク {A-Za-z} をセットする。
|n|             n               1  最後の '/' or '?' を N 回繰り返す。
|o|             o               2  カーソルの下に新規に行を挿入し、テキストを
                                   入力、N 回繰り返す。
|p|             ["x]p           2  カーソルの後に[バッファ x の]テキストを N
                                   回挿入する。
|q|             q{0-9a-zA-Z"}      入力した文字をレジスタ {0-9a-zA-Z"} に記録
                                   する。(大文字なら既存のレジスタに追加)
|q|             q                  (記録中なら) レジスタへの記録を終了する。
|q:|            q:                 コマンドラインウィンドウで : のコマンドライ
                                   ンを編集する。
|q/|            q/                 コマンドラインウィンドウで / のコマンドライ
                                   ンを編集する。
|q?|            q?                 コマンドラインウィンドウで ? のコマンドライ
                                   ンを編集する。
|r|             r{char}         2  N 文字を {char} で置き換える。
|s|             ["x]s           2  (置換) N 文字削除[バッファ x に保存]し、挿
                                   入モードに移行。
|t|             t{char}         1  カーソルを右方向へ N 個目の {char} の直前ま
                                   で移動。
|u|             u               2  変更をアンドゥ。
|v|             v                  文字指定のビジュアルモードを開始する。
|w|             w               1  カーソルを N ワード先へ移動。
|x|             ["x]x           2  カーソル位置と直後の N 文字を削除[バッファ
                                   x に保存]
|y|             ["x]y{motion}      Nmove のテキストを[バッファ x へ]ヤンク。
|yy|            ["x]yy             N 行[バッファ x へ]ヤンク。
|z|             z{char}            'z' で始まるコマンドの実行。下記参照|z|
|{|             {               1  カーソルを N 段落戻す。
|bar|           |               1  カーソルを N カラムへ移動。
|}|             }               1  カーソルを N 段落進める。
|~|             ~               2  'tildeop' オフ: カーソル位置の N 文字の大文
                                   字小文字を逆転し、カーソルを右へ N 文字移動
                                   する。
|~|             ~{motion}          'tildeop' オン: Nmove のテキストの大文字小
                                   文字を逆転する。
|<C-End>|       <C-End>         1  "G" と同じ。
|<C-Home>|      <C-Home>        1  "gg" と同じ。
|<C-Left>|      <C-Left>        1  "b" と同じ。
|<C-Home>|      <C-Home>        2  "gg" と同じ。
|<C-Left>|      <C-Left>        2  "b" と同じ。
|<C-LeftMouse>| <C-LeftMouse>      マウスクリック位置のキーワードで ":ta" を実
                                   行する。
|<C-Right>|     <C-Right>       1  "w" と同じ。
|<C-RightMouse>| <C-RightMouse>    "CTRL-T" と同じ。
|<Del>|         ["x]<Del>       2  "x" と同じ。
|N<Del>|        {count}<Del>       入力した {count} から最後の数字を削除する。
|<Down>|        <Down>          1  "j" と同じ。
|<End>|         <End>           1  "$" と同じ。
|<F1>|          <F1>               <Help> と同じ。
|<Help>|        <Help>             ヘルプウィンドウを開く。
|<Home>|        <Home>          1  "0" と同じ。
|<Insert>|      <Insert>        2  "i" と同じ。
|<Left>|        <Left>          1  "h" と同じ。
|<LeftMouse>|   <LeftMouse>     1  カーソルをマウスクリック位置へ移動。
|<MiddleMouse>| <MiddleMouse>   2  マウスクリック位置で実行した "gP" と同じ。
|<PageDown>|    <PageDown>         CTRL-F と同じ。
|<PageUp>|      <PageUp>           CTRL-B と同じ。
|<Right>|       <Right>         1  "l" と同じ。
|<RightMouse>|  <RightMouse>       ビジュアルモードを開始、カーソルをマウスク
                                   リック位置へ移動。
|<S-Down>|      <S-Down>        1  CTRL-F と同じ。
|<S-Left>|      <S-Left>        1  "b" と同じ。
|<S-LeftMouse>| <S-LeftMouse>      マウスクリック位置で実行した "*" と同じ。
|<S-Right>|     <S-Right>       1  "w" と同じ。
|<S-RightMouse>| <S-RightMouse>    マウスクリック位置で実行した "#" と同じ。
|<S-Up>|        <S-Up>          1  CTRL-B と同じ。
|<Undo>|        <Undo>          2  "u" と同じ。
|<Up>|          <Up>            1  "k" と同じ。
|<ScrollWheelDown>|     <ScrollWheelDown>       ウィンドウを3行下へ
|<S-ScrollWheelDown>|   <S-ScrollWheelDown>     ウィンドウを1画面下へ
|<ScrollWheelUp>|       <ScrollWheelUp>         ウィンドウを3行上へ
|<S-ScrollWheelUp>|     <S-ScrollWheelUp>       ウィンドウを1画面上へ
|<ScrollWheelLeft>|     <ScrollWheelLeft>       ウィンドウを6列左へ
|<S-ScrollWheelLeft>|   <S-ScrollWheelLeft>     ウィンドウを1画面左へ
|<ScrollWheelRight>|    <ScrollWheelRight>      ウィンドウを6列右へ
|<S-ScrollWheelRight>|  <S-ScrollWheelRight>    ウィンドウを1画面右へ

==============================================================================
2.1 テキストオブジェクト                                        *objects*

以下のコマンドはオペレータとして、もしくは、ビジュアルモードでオブジェクトを選
択する際に使われる。

                                   ビジュアルモードと
タグ            コマンド           オペレータ待機モードでの動作
------------------------------------------------------------------------------
|v_aquote|      a"                 ダブルクォートで囲まれた文字列
|v_a'|          a'                 シングルクォートで囲まれた文字列
|v_a(|          a(                 ab と同じ。
|v_a)|          a)                 ab と同じ。
|v_a<|          a<                 "a <>" '<' から '>' までを選択。
|v_a>|          a>                 a< と同じ。
|v_aB|          aB                 "a Block" "[{" から "]}" までを選択(括弧を
                                   含む)。
|v_aW|          aW                 "a WORD" (ホワイトスペースを含む)
|v_a[|          a[                 "a []" '[' から ']' までを選択。
|v_a]|          a]                 a[ と同じ。
|v_a`|          a`                 バッククォートで囲まれた文字列
|v_ab|          ab                 "a block" "[(" から "])" までを選択(括弧を
                                   含む)。
|v_ap|          ap                 "a paragraph" (ホワイトスペースを含む)
|v_as|          as                 "a sentence" (ホワイトスペースを含む)
|v_at|          at                 "a tag block" (ホワイトスペースを含む)
|v_aw|          aw                 "a word" (ホワイトスペースを含む)
|v_a{|          a{                 aB と同じ。
|v_a}|          a}                 aB と同じ。
|v_iquote|      i"                 ダブルクォートで囲まれた文字列。ダブル
                                   クォートは含まない。
|v_i'|          i'                 シングルクォートで囲まれた文字列。シングル
                                   クォートは含まない。
|v_i(|          i(                 ib と同じ。
|v_i)|          i)                 ib と同じ。
|v_i<|          i<                 "inner <>" '<' から '>' までを選択。
|v_i>|          i>                 i< と同じ。
|v_iB|          iB                 "inner Block" "[{" から "]}" までを選択。
|v_iW|          iW                 "inner WORD"
|v_i[|          i[                 "inner []" '[' から ']' までを選択。
|v_i]|          i]                 i[ と同じ。
|v_i`|          i`                 バッククォートで囲まれた文字列。バック
                                   クォートは含まない。
|v_ib|          ib                 "inner block" "[(" から "])" までを選択。
|v_ip|          ip                 "inner paragraph"
|v_is|          is                 "inner sentence"
|v_it|          it                 "inner tag block"
|v_iw|          iw                 "inner word"
|v_i{|          i{                 iB と同じ。
|v_i}|          i}                 iB と同じ。

==============================================================================
2.2 ウィンドウコマンド                                          *CTRL-W*

タグ            コマンド           ノーマルモードでの動作
------------------------------------------------------------------------------
|CTRL-W_CTRL-B| CTRL-W CTRL-B      "CTRL-W b" と同じ。
|CTRL-W_CTRL-C| CTRL-W CTRL-C      "CTRL-W c" と同じ。
|CTRL-W_CTRL-D| CTRL-W CTRL-D      "CTRL-W d" と同じ。
|CTRL-W_CTRL-F| CTRL-W CTRL-F      "CTRL-W f" と同じ。
                CTRL-W CTRL-G      "CTRL-W g .." と同じ。
|CTRL-W_CTRL-H| CTRL-W CTRL-H      "CTRL-W h" と同じ。
|CTRL-W_CTRL-I| CTRL-W CTRL-I      "CTRL-W i" と同じ。
|CTRL-W_CTRL-J| CTRL-W CTRL-J      "CTRL-W j" と同じ。
|CTRL-W_CTRL-K| CTRL-W CTRL-K      "CTRL-W k" と同じ。
|CTRL-W_CTRL-L| CTRL-W CTRL-L      "CTRL-W l" と同じ。
|CTRL-W_CTRL-N| CTRL-W CTRL-N      "CTRL-W n" と同じ。
|CTRL-W_CTRL-O| CTRL-W CTRL-O      "CTRL-W o" と同じ。
|CTRL-W_CTRL-P| CTRL-W CTRL-P      "CTRL-W p" と同じ。
|CTRL-W_CTRL-Q| CTRL-W CTRL-Q      "CTRL-W q" と同じ。
|CTRL-W_CTRL-R| CTRL-W CTRL-R      "CTRL-W r" と同じ。
|CTRL-W_CTRL-S| CTRL-W CTRL-S      "CTRL-W s" と同じ。
|CTRL-W_CTRL-T| CTRL-W CTRL-T      "CTRL-W t" と同じ。
|CTRL-W_CTRL-V| CTRL-W CTRL-V      "CTRL-W v" と同じ。
|CTRL-W_CTRL-W| CTRL-W CTRL-W      "CTRL-W w" と同じ。
|CTRL-W_CTRL-X| CTRL-W CTRL-X      "CTRL-W x" と同じ。
|CTRL-W_CTRL-Z| CTRL-W CTRL-Z      "CTRL-W z" と同じ。
|CTRL-W_CTRL-]| CTRL-W CTRL-]      "CTRL-W ]" と同じ。
|CTRL-W_CTRL-^| CTRL-W CTRL-^      "CTRL-W ^" と同じ。
|CTRL-W_CTRL-_| CTRL-W CTRL-_      "CTRL-W _" と同じ。
|CTRL-W_+|      CTRL-W +           カレントウィンドウの高さを N 行高くする。
|CTRL-W_-|      CTRL-W -           カレントウィンドウの高さを N 行低くする。
|CTRL-W_<|      CTRL-W <           カレントウィンドウの幅を N 列狭める
|CTRL-W_=|      CTRL-W =           すべてのウィンドウの高さと幅を同じにする。
|CTRL-W_>|      CTRL-W >           カレントウィンドウの幅を N 列広くする。
|CTRL-W_H|      CTRL-W H           カレントウィンドウを最も左に移動する。
|CTRL-W_J|      CTRL-W J           カレントウィンドウを最も下に移動する。
|CTRL-W_K|      CTRL-W K           カレントウィンドウを最も上に移動する。
|CTRL-W_L|      CTRL-W L           カレントウィンドウを最も右に移動する。
|CTRL-W_P|      CTRL-W P           プレビューウィンドウへ移動する。
|CTRL-W_R|      CTRL-W R           ウィンドウ位置を上向きに N 回転させる。
|CTRL-W_S|      CTRL-W S           "CTRL-W s" と同じ。
|CTRL-W_T|      CTRL-W T           カレントウィンドウを新しいタブページへ移動。
|CTRL-W_W|      CTRL-W W           上から N 番目のウィンドウに移動。N の指定が
                                   なければ、カレントウィンドウの上のウィンド
                                   ウ(なければ一番下のウィンドウ)に移動。
|CTRL-W_]|      CTRL-W ]           ウィンドウを分割してカーソル位置のタグへジャ
                                   ンプする。
|CTRL-W_^|      CTRL-W ^           カレントウィンドウを分割し、N 番目のファイ
                                   ルを編集する。
|CTRL-W__|      CTRL-W _           カレントウィンドウの高さを N 行にする
                                   (省略時は可能な限り高く)。
|CTRL-W_b|      CTRL-W b           一番下のウィンドウへ移動。
|CTRL-W_c|      CTRL-W c           カレントウィンドウを閉じる(|:close| と同じ)。
|CTRL-W_d|      CTRL-W d           ウィンドウを分割し、カーソル位置の定義へジャ
                                   ンプする。
|CTRL-W_f|      CTRL-W f           ウィンドウを分割し、カーソル位置のファイル
                                   名のファイルを編集する。
|CTRL-W_F|      CTRL-W F           ウィンドウを分割し、カーソル位置のファイル
                                   名のファイルを開き、ファイル名の後に書かれ
                                   た行番号にジャンプする。
|CTRL-W_g_CTRL-]| CTRL-W g CTRL-]  ウィンドウを分割し、カーソル位置のタグに対
                                   し |:tjump| を実行する。
|CTRL-W_g]|     CTRL-W g ]         ウィンドウを分割し、カーソル位置のタグに対
                                   し |:tselect| を実行する。
|CTRL-W_g}|     CTRL-W g }         カーソル位置のタグに対し |:ptjump| を実行す
                                   る。
|CTRL-W_gf|     CTRL-W g f         カーソル位置のファイル名のファイルを新しい
                                   タブページで開く。
|CTRL-W_gF|     CTRL-W g F         カーソル位置のファイル名のファイルを新しい
                                   タブページで開き、ファイル名の後に書かれた
                                   行番号にジャンプする。
|CTRL-W_h|      CTRL-W h           N 個左のウィンドウに移動(一番左のウィンドウ
                                   でストップ)
|CTRL-W_i|      CTRL-W i           ウィンドウを分割し、カーソル位置の識別子の
                                   宣言位置へジャンプする。
|CTRL-W_j|      CTRL-W j           N 個下のウィンドウに移動(一番下のウィンドウ
                                   でストップ)
|CTRL-W_k|      CTRL-W k           N 個上のウィンドウに移動(一番上のウィンドウ
                                   でストップ)
|CTRL-W_l|      CTRL-W l           N 個右のウィンドウに移動(一番右のウィンドウ
                                   でストップ)
|CTRL-W_n|      CTRL-W n           高さが N 行の新しいウィンドウを開く。
|CTRL-W_o|      CTRL-W o           カレントウィンドウを除くすべてのウィンドウ
                                   を閉じる(|:only| と同じ)。
|CTRL-W_p|      CTRL-W p           直前の(最後にアクセスしていた)ウィンドウへ
                                   移動。
|CTRL-W_q|      CTRL-W q           カレントウィンドウを終了する(|:quit| と同
                                   じ)。
|CTRL-W_r|      CTRL-W r           ウィンドウ位置を下向きに N 回転させる。
|CTRL-W_s|      CTRL-W s           カレントウィンドウを2つに分割し、高さが N
                                   行の新しいウィンドウを作成する。
|CTRL-W_t|      CTRL-W t           一番上のウィンドウへ移動。
|CTRL-W_v|      CTRL-W v           カレントウィンドウを垂直分割する。新しい
                                   ウィンドウの幅は N 列。
|CTRL-W_w|      CTRL-W w           下から N 番目のウィンドウに移動。N の指定が
                                   なければ、カレントウィンドウの下のウィンド
                                   ウ(なければ一番上のウィンドウ)に移動。
|CTRL-W_x|      CTRL-W x           カレントウィンドウと上から N 番目のウィンド
                                   ウ(省略時は1つ下のウィンドウ)を入れ替える。
|CTRL-W_z|      CTRL-W z           プレビューウィンドウを閉じる。
|CTRL-W_bar|    CTRL-W |           ウィンドウの幅を N 列にする。
|CTRL-W_}|      CTRL-W }           カーソル位置のタグをプレビューウィンドウに
                                   表示する。
|CTRL-W_<Down>| CTRL-W <Down>      "CTRL-W j" と同じ。
|CTRL-W_<Up>|   CTRL-W <Up>        "CTRL-W k" と同じ。
|CTRL-W_<Left>| CTRL-W <Left>      "CTRL-W h" と同じ。
|CTRL-W_<Right>| CTRL-W <Right>    "CTRL-W l" と同じ。

==============================================================================
2.3 角括弧コマンド                                              *[* *]*

タグ            文字           注  ノーマルモードでの動作
------------------------------------------------------------------------------
|[_CTRL-D|      [ CTRL-D           カーソル位置の単語と一致する #define の文を
                                   カレントファイルとインクルードファイルの中
                                   から探し、最初に見つけた場所へジャンプす
                                   る。カレントファイルの先頭から検索する
|[_CTRL-I|      [ CTRL-I           カーソル位置の単語を含む行をカレントファイ
                                   ルの先頭から探し、最初に見つかった行へジャ
                                   ンプする。
|[#|            [#              1  後方へ対応のとれていない #if, #else, #ifdef
                                   を探し、N 個目に見つかった場所へジャンプ。
|['|            ['              1  後方の小文字マークがある行の最初の非空白
                                   文字へ移動する。
|[(|            [(              1  後方へ対応のとれていない '(' を探し、N 個目
                                   に見つかった場所へジャンプする。
|[star|         [*              1  "[/" と同じ。
|[`|            [`              1  後方の小文字マークがある行へ移動する。
|[/|            [/              1  後方へ C コメントの始まりを探し、N 個目に見
                                   つかった場所へジャンプする。
|[D|            [D                 カーソル位置の単語にマッチする単語の定義を
                                   カレントファイルとインクルードファイルの中
                                   から検索し一覧表示する。カレントファイル
                                   の先頭から検索を開始する。
|[I|            [I                 カーソル位置の単語にマッチする単語を含む行
                                   をカレントファイルとインクルードファイルの
                                   中から検索し一覧表示する。カレントファイ
                                   ルの先頭から検索を開始する。
|[P|            [P              2  "[p" と同じ。
|[[|            [[              1  カーソルを N 段落後方へ移動
|[]|            []              1  カーソルを N SECTION 後方へ移動
|[c|            [c              1  カーソル後方へ N 個目の変更箇所へ移動
|[d|            [d                 カーソル位置の単語にマッチする単語の最初の
                                   定義(#define)をカレントファイルとインクルー
                                   ドファイルの中から検索し表示する。カレント
                                   ファイルの先頭から検索を開始する。
|[f|            [f                 "gf" と同じ。
|[i|            [i                 カーソル位置の単語にマッチする単語を含む最
                                   初に見つかった行をカレントファイルとインク
                                   ルードファイルの中から検索し一覧表示する。
                                   カレントファイルの先頭から検索を開始する。
|[m|            [m              1  後方へ N 番目に現れた関数の先頭へカーソルを
                                   移動。
|[p|            [p              2  "P" と同様、さらに現在の行と同じインデント
                                   にする
|[s|            [s              1  前のスペルミスのある単語へ移動
|[z|            [z              1  開いている折畳の最初の行へ移動
|[{|            [{              1  後方へ N 番目に現れた対応する括弧のない '{'
                                   へカーソルを移動。
|[<MiddleMouse>| [<MiddleMouse> 2  "[p" と同じ。

|]_CTRL-D|      ] CTRL-D           カーソル位置の単語にマッチする単語の最初の
                                   定義(#define)をカレントファイルとインクルー
                                   ドファイルの中から検索しジャンプする。カー
                                   ソル位置から検索を開始する。
|]_CTRL-I|      ] CTRL-I           カーソル位置の単語にマッチする単語を含む最
                                   初に見つかった行をカレントファイルとインク
                                   ルードファイルの中から検索しジャンプする。
                                   カーソル位置から検索を開始する。
|]#|            ]#              1  前方の対応の取れていないN個目の#endifか
                                   #else へ移動。
|]'|            ]'              1  前方の小文字マークがある行の最初の非空白文
                                   字へ移動する。
|])|            ])              1  前方の対応の取れていないN個目の ')' へ移動
|]star|         ]*              1  "]/" と同じ。
|]`|            ]`              1  前方の小文字マークがある行へ移動する。
|]/|            ]/              1  カーソルを N 先の C のコメントの最後へ移動。
|]D|            ]D                 カーソル位置の単語にマッチする単語の定義
                                   (#define)をカレントファイルとインクルードファ
                                   イルの中から探して表示する。カーソル位置か
                                   ら検索を開始する。
|]I|            ]I                 カーソル位置の単語にマッチする単語を含む行
                                   をカレントファイルとインクルードファイルの
                                   中から探して表示。カーソル位置から検索
                                   を開始する。
|]P|            ]P              2  "[p" と同じ。
|][|            ][              1  カーソルを N SECTION 前方へ移動。
|]]|            ]]              1  カーソルを N 段落前方へ移動。
|]c|            ]c              1  カーソル前方へ N 個目の変更箇所へ移動
|]d|            ]d                 カーソル位置の単語にマッチする単語の最初の
                                   定義(#define)をカレントファイルとインクルー
                                   ドファイルの中から検索し表示する。カーソル
                                   位置から検索を開始する。
|]f|            ]f                 "gf" と同じ。
|]i|            ]i                 カーソル位置の単語にマッチする単語を含む最
                                   初に見つかった行をカレントファイルとインク
                                   ルードファイルの中から検索し一覧表示する。
                                   カーソル位置から検索を開始する。
|]m|            ]m              1  前方へ N 番目に現れた関数の末尾へカーソルを
                                   移動。
|]p|            ]p              2  "p" と同様、さらにカレントラインにインデン
                                   トをあわせる
|]s|            ]s              1  次のスペルミスのある単語へ移動
|]z|            ]z              1  開いている折畳の最後の行へ移動
|]}|            ]}              1  カーソルを N 先のマッチしていない '}' へ移
                                   動。
|]<MiddleMouse>| ]<MiddleMouse> 2  "]p" と同じ。

==============================================================================
2.4 'g' で始まるコマンド                                                *g*

タグ            文字          注   ノーマルモードでの動作
------------------------------------------------------------------------------
|g_CTRL-A|      g CTRL-A           MEM_PROFILEを定義してコンパイルしたときのみ
                                   メモリプロファイルをダンプする
|g_CTRL-G|      g CTRL-G           現在のカーソル位置に関する情報を表示。
|g_CTRL-H|      g CTRL-H           選択モードで矩形選択を開始
|g_CTRL-]|      g CTRL-]           カーソル位置のタグへ |:tjump| する。
|g#|            g#              1  "#" と同様、ただし "\<" と "\>" を使用しな
                                   い。
|g$|            g$              1  本当の行末ではなく、表示されたとおりの、見
                                   ため上の行末へ移動
|g&|            g&              2  最後に実行した ":s" をすべての行で実行する
|g'|            g'{mark}        1  |'|と同じだがジャンプリストを更新しない
|g`|            g`{mark}        1  |`|と同じだがジャンプリストを更新しない
|gstar|         g*              1  "*" と同様、ただし "\<" と "\>" を使用しな
                                   い。
|g+|            g+                 N 回後の新しいテキスト状態へ移動。
|g,|            g,              1  変更リスト中の N 個後の位置へ移動。
|g-|            g-                 N 回前の古いテキスト状態へ移動。
|g0|            g0              1  本当の行頭ではなく、表示されたとおりの、見
                                   ため上の行頭へ移動
|g8|            g8                 UTF-8環境でカーソル位置の文字のバイト列を16
                                   進数で表示する
|g;|            g;              1  変更リスト中の N 個前の位置へ移動。
|g<|            g<                 前のコマンドの出力を表示する。
|g?|            g?              2  Rot13 エンコード演算子。
|g?g?|          g??             2  現在の行を Rot13 エンコード。
|g?g?|          g?g?            2  現在の行を Rot13 エンコード。
|gD|            gD              1  カーソル位置の単語の定義をカレントファイル
                                   内で検索し、移動。
|gE|            gE              1  直前の WORD の末尾に移動。
|gH|            gH                 選択モードで行選択を開始。
|gI|            gI              2  "I" と同様、ただし1カラム目より挿入開始。
|gJ|            gJ              2  スペースを挿入せずに行を連結。
|gN|            gN            1,2  最後に使われた検索パターンを後方検索し、そ
                                   れをビジュアル選択する。
|gP|            ["x]gP          2  (レジスタ x からの)テキストをカーソルの前に
                                   挿入、カーソルは挿入テキストの最後へ移動。
|gQ|            gQ                 "Ex" モードを開始する。
|gR|            gR              2  仮想置換モード開始。
|gT|            gT                 前のタブページに移動
|gU|            gU{motion}      2  Nmove テキストを大文字にする。
|gV|            gV                 選択モードでマップやメニューを使用した後、
                                   選択していた選択範囲を再選択しない。
|g]|            g]                 カーソル位置の単語をタグとして :tselect
                                   を実行する
|g^|            g^              1  本当の行頭ではなく、表示されたとおりの、見
                                   ため上の行頭から最初の非空白文字へ移動
|g_|            g_              1  N-1 行下の最後の非空白文字へ移動。
|ga|            ga                 カーソル位置の文字の ASCII コード値を表示
|gd|            gd              1  カーソル位置の単語の定義を現在の関数内で探
                                   し、移動
|ge|            ge              1  直前の単語の末尾に移動
|gf|            gf                 カーソル位置のファイル名のファイルを開く
|gF|            gF                 カーソル位置のファイル名のファイルを開き、
                                   ファイル名の後に書かれた行番号にジャンプす
                                   る。
|gg|            gg              1  N 行目へジャンプ、省略時は1行目
|gh|            gh                 選択モードの開始
|gi|            gi              2  "i" と同じだがその前に|'^|マークへ移動する
|gj|            gj              1  "j" と同様、ただし 'wrap' がオンの時はスク
                                   リーン行で N 行下へ移動
|gk|            gk              1  "k" と同様、ただし 'wrap' がオンの時はスク
                                   リーン行で N 行上へ移動
|gn|            gn            1,2  最後に使われた検索パターンを前方検索し、そ
                                   れをビジュアル選択する。
|gm|            gm              1  スクリーン行の中央の文字へジャンプ
|go|            go              1  バッファ中の N バイト目へジャンプ
|gp|            ["x]gp          2  N 回カーソルの後に(レジスタxの)テキストを挿
                                   入、カーソルは挿入テキストの直後へ移動
|gq|            gq{motion}      2  Nmove テキストを整形する
|gr|            gr{char}        2  N 文字を {char} で仮想上書きする
|gs|            gs                 N 秒間スリープする(省略時は1秒)
|gt|            gt                 次のタブページに移動
|gu|            gu{motion}      2  Nmove テキストを小文字にする
|gv|            gv                 前回の選択範囲を再選択する
|gw|            gw{motion}      2  Nmove テキストを整形する。カーソル移動なし
|netrw-gx|      gx                 カーソル下のファイル名に対応したアプリケー
                                   ションを起動する(|netrw| プラグインがあると
                                   きのみ)
|g@|            g@{motion}         'operatorfunc' を呼ぶ。
|g~|            g~{motion}      2  Nmove テキストの大文字、小文字を変換する
|g<Down>|       g<Down>         1  "gj" と同じ。
|g<End>|        g<End>          1  "g$" と同じ。
|g<Home>|       g<Home>         1  "g0" と同じ。
|g<LeftMouse>|  g<LeftMouse>       <C-LeftMouse> と同じ。
                g<MiddleMouse>     <C-MiddleMouse> と同じ。
|g<RightMouse>| g<RightMouse>      <C-RightMouse> と同じ。
|g<Up>|         g<Up>           1  "gk" と同じ。

==============================================================================
2.5 'z' で始まるコマンド                                                *z*

タグ            文字          注   ノーマルモードでの動作
------------------------------------------------------------------------------
|z<CR>|         z<CR>              画面の再描画、カーソル行をウィンドウの最上
                                   部へ移動、カーソルは行のはじめの空白文字以
                                   外の文字へ移動。
|zN<CR>|        z{height}<CR>      画面の再描画、ウィンドウの高さを {height}
                                   にする。
|z+|            z+                 カーソルを N 行目に移動(省略時はウィンドウ
                                   の下の行)、その他は "z<CR>" と同じ。
|z-|            z-                 画面の再描画、カーソル行をウィンドウの最下
                                   部へ移動、カーソルは行のはじめの空白文字以
                                   外の文字へ移動。
|z.|            z.                 画面の再描画、カーソル行をウィンドウの中央
                                   部へ移動、カーソルは行のはじめの空白文字以
                                   外の文字へ移動。
|z=|            z=                 スペリング補完を行う。
|zA|            zA                 折畳を再帰的に開閉する
|zC|            zC                 折畳を再帰的に閉じる
|zD|            zD                 折畳を再帰的に削除する
|zE|            zE                 折畳をすべて削除する
|zF|            zF                 N 行の折畳を作成する
|zG|            zG                 wordを正しくスペリングされた単語としてマー
                                   クする。
|zH|            zH                 'wrap' がオフの時、スクリーンの幅の半分右へ
                                   スクロールする
|zL|            zL                 'wrap' がオフの時、スクリーンの幅の半分左へ
                                   スクロールする
|zM|            zM                 'foldlevel' を0に設定する
|zN|            zN                 'foldenable' をオンにする
|zO|            zO                 折畳を再帰的に開く
|zR|            zR                 'foldlevel' を最も深い折畳と同じレベルに設
                                   定する
|zW|            zW                 wordを間違ってスペリングされた単語として
                                   マークする。
|zX|            zX                 'foldlevel' を再適用する
|z^|            z^                 カーソルを N 行目に移動(省略時はウィンドウ
                                   の上の行)、その他は "z-" と同じ。
|za|            za                 折畳を開閉する
|zb|            zb                 画面の再描画、カーソル行をウィンドウの最下
                                   部へ移動。
|zc|            zc                 折畳を閉じる
|zd|            zd                 折畳を削除する
|ze|            ze                 'wrap' オプションがオフの時、カーソルがスク
                                   リーンの右端になるように、水平方向にスク
                                   ロール。
|zf|            zf{motion}         Nmoveテキストの折畳を作成する
|zg|            zg                 wordを正しくスペリングされた単語としてマー
                                   クする。
|zh|            zh                 'wrap' オプションがオフの時、水平方向に N
                                   文字分右へスクロール。
|zi|            zi                 'foldenable' を切り替える
|zj|            zj              1  次の折畳の始めに移動する
|zk|            zk              1  前の折畳の最後に移動する
|zl|            zl                 'wrap' オプションがオフの時、水平方向に N
                                   文字分左へスクロール。
|zm|            zm                 'foldlevel' を1低くする
|zn|            zn                 'foldenable' をオフにする
|zo|            zo                 折畳を開く
|zr|            zr                 'foldlevel' を1高くする
|zs|            zs                 'wrap' オプションがオフの時、カーソルがスク
                                   リーンの左端になるように、水平方向にスクロー
                                   ル。
|zt|            zt                 画面の再描画、カーソル行をウィンドウの最上
                                   部へ移動。
|zv|            zv                 カーソル行が表示されるように折畳を開く
|zw|            zw                 wordを間違ってスペリングされた単語として
                                   マークする。
|zx|            zx                 'foldlevel' を最適用して "zv" を実行する
|zz|            zz                 画面の再描画、カーソル行をウィンドウの中央
                                   部へ移動。
|z<Left>|       z<Left>            "zh" と同じ。
|z<Right>|      z<Right>           "zl" と同じ。

==============================================================================
3. ビジュアルモード                                     *visual-index*

ビジュアルモードでのほとんどのコマンドは、ノーマルモードと同じ。ノーマルモード
と異なるコマンドのみここに列挙した。

タグ            コマンド       注  ビジュアルモードでの動作
------------------------------------------------------------------------------
|v_CTRL-\_CTRL-N| CTRL-\ CTRL-N    ビジュアルモードの停止
|v_CTRL-\_CTRL-G| CTRL-\ CTRL-G    'insertmode' に合わせたモードに移行する
|v_CTRL-C|      CTRL-C             ビジュアルモードの停止
|v_CTRL-G|      CTRL-G             ビジュアルモードと選択モードを切り替える
|v_<BS>|        <BS>            2  選択モードのとき: 選択範囲の内容を削除
|v_CTRL-H|      CTRL-H          2  <BS> と同じ。
|v_CTRL-O|      CTRL-O             選択モードからビジュアルモードへ1キーで移行
|v_CTRL-V|      CTRL-V             ビジュアルモードを矩形選択にする。すでに
                                   矩形選択であれば、ビジュアルモードを終了する
|v_<Esc>|       <Esc>              ビジュアルモードの停止
|v_CTRL-]|      CTRL-]             選択した文字のタグへジャンプ
|v_!|           !{filter}       2  選択範囲の行を外部コマンド {filter}
                                   でフィルタする
|v_:|           :                  選択範囲の行を対象範囲としてコマンドライン
                                   のコマンドを適用する
|v_<|           <               2  選択範囲の行を 'shiftwidth' 分だけ左へシフト
|v_=|           =               2  'equalprg' で設定されている外部プログラムで
                                   選択範囲の行をフィルタする
|v_>|           >               2  選択範囲の行を 'shiftwidth' 分だけ右へシフト
|v_b_A|         A               2  矩形選択のとき: 選択範囲のすべての行末に同
                                   じテキストを追加する
|v_C|           C               2  選択範囲の行を削除して、挿入開始
|v_D|           D               2  選択範囲の行を削除
|v_b_I|         I               2  矩形選択のとき: 選択範囲のすべての行頭に同
                                   じテキストを挿入する
|v_J|           J               2  選択範囲の行を連結
|v_K|           K                  選択した文字で 'keywordprg' を実行
|v_O|           O                  選択範囲のもう一方の端にカーソルを移動する
                Q                  Ex モードに移行しない(未使用)
|v_R|           R               2  選択範囲の行を削除し、挿入を開始
|v_S|           S               2  選択範囲の行を削除し、挿入を開始
|v_U|           U               2  選択範囲の文字を大文字にする
|v_V|           V                  ビジュアルモードを行選択にする。すでに
                                   行選択であれば、ビジュアルモードを終了する
|v_X|           X               2  選択範囲の行を削除
|v_Y|           Y                  選択範囲の行をヤンク
|v_aquote|      a"                 選択範囲を " で囲まれた文字列に拡大する
|v_a'|          a'                 選択範囲を ' で囲まれた文字列に拡大する
|v_a(|          a(                 ab と同じ。
|v_a)|          a)                 ab と同じ。
|v_a<|          a<                 選択範囲を < と > で囲まれた領域に拡大する。
|v_a>|          a>                 a< と同じ。
|v_aB|          aB                 選択範囲を { と } で囲まれた領域に拡大する。
|v_aW|          aW                 選択範囲を "a WORD" だけ拡張する
|v_a[|          a[                 選択範囲を [ と ] で囲まれた領域に拡大する。
|v_a]|          a]                 a[ と同じ。
|v_a`|          a`                 選択範囲を ` で囲まれた文字列に拡大する。
|v_ab|          ab                 選択範囲を ( と ) で囲まれた領域に拡大する。
|v_ap|          ap                 選択範囲を1段落に拡大する。
|v_as|          as                 選択範囲を1文に拡大する。
|v_at|          at                 選択範囲をタグブロックだけ拡大する。
|v_aw|                             選択範囲を "a word" だけ拡張する
|v_a{|          a{                 aB と同じ。
|v_a}|          a}                 aB と同じ。
|v_c|           c               2  選択範囲を削除し、挿入開始
|v_d|           d               2  選択範囲を削除
|v_gJ|          gJ              2  選択範囲の行をスペースを挿入せずに連結
|v_gq|          gq              2  選択範囲の行を整形する
|v_gv|          gv                 現在の選択範囲と直前に選択していた範囲を入
                                   れ替える
|v_iquote|      i"                 選択範囲を " で囲まれた文字列に拡大する(" 
                                   は含まない)
|v_i'|          i'                 選択範囲を ' で囲まれた文字列に拡大する(' 
                                   は含まない)
|v_i(|          i(                 ib と同じ。
|v_i)|          i)                 ib と同じ。
|v_i<|          i<                 選択範囲を < と > で囲まれた内側の領域に拡
                                   大する。
|v_i>|          i>                 i< と同じ。
|v_iB|          iB                 選択範囲を { と } で囲まれた内側の領域に拡
                                   大する。
|v_iW|          iW                 選択範囲を "inner WORD" だけ拡張する
|v_i[|          i[                 選択範囲を [ と ] で囲まれた内側の領域に拡
                                   大する。
|v_i]|          i]                 i[ と同じ。
|v_i`|          i`                 選択範囲を ` で囲まれた文字列に拡大する(`
                                   は含まない)
|v_ib|          ib                 選択範囲を ( と ) で囲まれた内側の領域に拡
                                   大する。
|v_ip|          ip                 選択範囲を段落の内側の領域に拡大する。
|v_is|          is                 選択範囲を文の内側の領域に拡大する。
|v_it|          it                 選択範囲をタグブロックの内側の領域に拡大する。
|v_iw|          iw                 選択範囲を "inner word" だけ拡張する
|v_i{|          i{                 iB と同じ。
|v_i}|          i}                 iB と同じ。
|v_o|           o                  選択範囲のもう一方の端にカーソルを移動する
|v_r|           r               2  選択範囲の文字を削除し、挿入開始
|v_s|           s               2  選択範囲の文字を削除し、挿入開始
|v_u|           u               2  選択範囲の文字を小文字にする。
|v_v|           v                  ビジュアルモードを文字選択とする。すでに
                                   文字選択ならばビジュアルモードを終了する。
|v_x|           x               2  選択範囲の文字を削除
|v_y|           y                  選択範囲の文字をヤンク
|v_~|           ~               2  選択範囲の文字の大文字小文字を切り替える

==============================================================================
4. コマンドライン編集                                   *ex-edit-index*

':' や '!', '/', '?' コマンドでコマンドライン入力となる。
通常の文字はカーソル位置に挿入される。
以下の説明にある「補完」は、前後関係に依存した補完を行う。つまり、ファイル名や
タグ、コマンド等適切な補完が行われる。

タグ            コマンド        コマンドライン編集モードでの動作
------------------------------------------------------------------------------
                CTRL-@          未使用
|c_CTRL-A|      CTRL-A          カーソル直前の文字を補完し、すべての候補を挿入
|c_CTRL-B|      CTRL-B          カーソルをコマンドラインの先頭へ移動
|c_CTRL-C|      CTRL-C          <Esc> と同じ。
|c_CTRL-D|      CTRL-D          カーソル直前の文字に一致する補完候補を一覧表示
|c_CTRL-E|      CTRL-E          カーソルをコマンドラインの末尾へ移動
|'cedit'|       CTRL-F          'cedit' が標準設定なら、コマンドラインウィンド
                                ウを開く。そうでないなら未使用
                CTRL-G          未使用
|c_<BS>|        <BS>            カーソル直前の文字を削除
|c_digraph|     {char1} <BS> {char2}
                                'digraph' がオンの時、ダイグラフを入力する
|c_CTRL-H|      CTRL-H          <BS> と同じ。
|c_<Tab>|       <Tab>           'wildchar' が <Tab> の時: カーソル直前の文字を
                                補完する
|c_<S-Tab>|     <S-Tab>         CTRL-P と同じ。
|c_wildchar|    'wildchar'      カーソル直前の文字を補完する('wildchar' は標準
                                設定なら<Tab>)
|c_CTRL-I|      CTRL-I          <Tab> と同じ。
|c_<NL>|        <NL>            <CR> と同じ。
|c_CTRL-J|      CTRL-J          <CR> と同じ。
|c_CTRL-K|      CTRL-K {char1} {char2}
                                ダイグラフを入力
|c_CTRL-L|      CTRL-L          カーソル直前の文字を補完し、最も長い候補を挿入
|c_<CR>|        <CR>            入力したコマンドを実行
|c_<CR>|        CTRL-M          <CR> と同じ。
|c_CTRL-N|      CTRL-N          'wildchar' を使用して複数の補完候補があるとき:
                                次の補完候補を表示
                                その他: <Down> と同じ
                CTRL-O          未使用
|c_CTRL-P|      CTRL-P          'wildchar' を使用して複数の補完候補があるとき:
                                前の補完候補を表示
                                その他: <Up> と同じ
|c_CTRL-Q|      CTRL-Q          CTRL-V と同じ (端末制御で使用されていなければ)
|c_CTRL-R|      CTRL-R {0-9a-z"%#*:= CTRL-F CTRL-P CTRL-W CTRL-A}
                                カーソル位置のオブジェクトまたはレジスタの内容
                                をキー入力したかのように挿入
|c_CTRL-R_CTRL-R| CTRL-R CTRL-R {0-9a-z"%#*:= CTRL-F CTRL-P CTRL-W CTRL-A}
                                カーソル位置のオブジェクトまたはレジスタの内容
                                を文字通りに挿入
                CTRL-S          (端末制御に使用)
                CTRL-T          未使用
|c_CTRL-U|      CTRL-U          すべての文字を削除
|c_CTRL-V|      CTRL-V          続いて入力する、数字以外の文字をそのまま挿入
                                もしくは3桁の10進数で1バイト文字を指定して挿入
|c_CTRL-W|      CTRL-W          カーソルより前にある単語を削除
                CTRL-X          未使用 (補完機能のために予約)
                CTRL-Y          モードレス選択をコピー(ヤンク)する
                CTRL-Z          未使用 (サスペンド機能のために予約)
|c_<Esc>|       <Esc>           コマンドラインを実行せずに破棄する
|c_<Esc>|       CTRL-[          <Esc> と同じ。
|c_CTRL-\_CTRL-N| CTRL-\ CTRL-N コマンドラインを破棄して、ノーマルモードへ移行
|c_CTRL-\_CTRL-G| CTRL-\ CTRL-G コマンドラインを破棄して、'insertmode'に合わせ
                                たモードへ移行
                CTRL-\ a - d    将来の拡張のために予約
|c_CTRL-\_e|    CTRL-\ e {expr} コマンドラインを{expr}の結果で置き換える
                CTRL-\ f - z    将来の拡張のために予約
                CTRL-\ others   未使用
                CTRL-]          未使用
|c_CTRL-]|      CTRL-]          短縮入力を展開する
|c_CTRL-^|      CTRL-^          マップ|:lmap|の有効無効を切り替える
|c_CTRL-_|      CTRL-_          'allowrevins' がオンのとき、言語を切り替える。
                                (ヘブライ語、ペルシア語)
|c_<Del>|       <Del>           カーソル位置の文字を削除
|c_<Left>|      <Left>          カーソルを左へ移動
|c_<S-Left>|    <S-Left>        カーソルを1単語左へ移動
|c_<C-Left>|    <C-Left>        カーソルを1単語左へ移動
|c_<Right>|     <Right>         カーソルを右へ移動
|c_<S-Right>|   <S-Right>       カーソルを1単語右へ移動
|c_<C-Right>|   <C-Right>       カーソルを1単語右へ移動
|c_<Up>|        <Up>            ヒストリの中でカーソルより前のパターンに一致す
                                る1つ前のコマンドラインを呼び出す
|c_<S-Up>|      <S-Up>          ヒストリから1つ前のコマンドラインを呼び出す
|c_<Down>|      <Down>          ヒストリの中でカーソルより前のパターンに一致す
                                る1つ次のコマンドラインを呼び出す
|c_<S-Down>|    <S-Down>        ヒストリから1つ次のコマンドラインを呼び出す
|c_<Home>|      <Home>          カーソルをコマンドラインの先頭へ移動
|c_<End>|       <End>           カーソルをコマンドラインの末尾へ移動
|c_<PageDown>|  <PageDown>      <S-Down> と同じ。
|c_<PageUp>|    <PageUp>        <S-Up> と同じ。
|c_<Insert>|    <Insert>        挿入モード/置換モードを変更
|c_<LeftMouse>| <LeftMouse>     カーソルをマウスクリック位置へ移動

ついに見つけたんだね、セイバー!                 *holy-grail* *:smile*

==============================================================================
5. EX コマンド                                  *ex-cmd-index* *:index*

以下に簡単ではあるがすべての ":" コマンドを列挙した。引数についての説明はして
いない。コマンド名の省略可能な部分を [] で囲った。コマンドはコマンド名のうち省
略できない部分を対象としてソートした。

タグ          コマンド        動作
------------------------------------------------------------------------------
|:!|            :!              行をフィルタにかける、または、外部コマンドを実
                                行する
|:!!|           :!!             最後に実行した ":!" コマンドを繰り返す
|:#|            :#              ":number" と同じ。
|:&|            :&              最後に実行した ":substitute" を繰り返す
|:star|         :*              レジスタの内容を実行する
|:<|            :<              'shiftwidth' 1つ分だけ行を左へシフト
|:=|            :=              カーソルのある行の行番号を表示
|:>|            :>              'shiftwidth' 1つ分だけ行を右へシフト
|:@|            :@              レジスタの内容を実行
|:@@|           :@@             直前の ":@" を繰り返す
|:Next|         :N[ext]         引数リストの1つ前のファイルを編集
|:Print|        :P[rint]        行を表示する
|:X|            :X              暗号鍵を設定する
|:append|       :a[ppend]       テキストを追加する
|:abbreviate|   :ab[breviate]   短縮入力を登録する
|:abclear|      :abc[lear]      すべての短縮入力を削除する
|:aboveleft|    :abo[veleft]    ウィンドウが左もしくは上に分割されるようにする
|:all|          :al[l]          引数リストの全ファイルをウィンドウ作成して表示
|:amenu|        :am[enu]        すべてのモードに対してメニュー項目を追加
|:anoremenu|    :an[oremenu]    すべてのモードに対して再マップされないメニュー
                                項目を追加
|:args|         :ar[gs]         引数リストを表示
|:argadd|       :arga[dd]       引数リストにファイルを追加する
|:argdelete|    :argd[elete]    引数リストからファイルを削除する
|:argedit|      :arge[dit]      引数リストにファイルを追加し、開く
|:argdo|        :argdo          引数リストのすべてのファイルに対してコマンドを
                                実行する
|:argglobal|    :argg[lobal]    グローバル引数リストを使用する
|:arglocal|     :argl[ocal]     ローカル引数リストを使用する
|:argument|     :argu[ment]     引数リストの指定したファイルを開く
|:ascii|        :as[cii]        カーソル位置の文字のASCIIコードを表示
|:autocmd|      :au[tocmd]      オートコマンドの入力と表示
|:augroup|      :aug[roup]      使用するオートコマンドグループの選択と表示
|:aunmenu|      :aun[menu]      すべてのモードに対してメニュー項目を削除
|:buffer|       :b[uffer]       バッファリストの指定したバッファを開く
|:bNext|        :bN[ext]        バッファリストの前のバッファを開く
|:ball|         :ba[ll]         バッファリストのすべてのバッファをウィンドウを
                                作成して開く
|:badd|         :bad[d]         バッファリストにバッファを追加
|:bdelete|      :bd[elete]      バッファリストからバッファを削除
|:behave|       :be[have]       マウス操作や選択の動作を設定する
|:belowright|   :bel[owright]   ウィンドウが右もしくは下に分割されるようにする
|:bfirst|       :bf[irst]       バッファリストの最初のバッファを開く
|:blast|        :bl[ast]        バッファリストの最後のバッファを開く
|:bmodified|    :bm[odified]    バッファリストの次の変更済みバッファを開く
|:bnext|        :bn[ext]        バッファリストの次のバッファを開く
|:botright|     :bo[tright]     ウィンドウが最も右もしくは最も下に分割されるよ
                                うにする
|:bprevious|    :bp[revious]    バッファリストの前のバッファを開く
|:brewind|      :br[ewind]      バッファリストの先頭のバッファを開く
|:break|        :brea[k]        while ループを抜ける
|:breakadd|     :breaka[dd]     デバッガのブレークポイントを追加する
|:breakdel|     :breakd[el]     デバッガのブレークポイントを削除する
|:breaklist|    :breakl[ist]    デバッガのブレークポイントを一覧表示する
|:browse|       :bro[wse]       ファイル選択ダイアログをポップアップする
|:bufdo|        :bufdo          バッファリストのすべてのバッファに対してコマン
                                ドを実行する
|:buffers|      :buffers        バッファリストのファイル名をリスト表示
|:bunload|      :bun[load]      指定のバッファをアンロード
|:bwipeout|     :bw[ipeout]     バッファの一切を削除する
|:change|       :c[hange]       1行または連続する複数行を上書きする
|:cNext|        :cN[ext]        直前のエラーへジャンプ
|:cNfile|       :cNf[ile]       エラーリストの前のファイルの最後のエラーへ移動
                                する
|:cabbrev|      :ca[bbrev]      コマンドラインモードを対象とする ":abbreviate"
                                コマンド
|:cabclear|     :cabc[lear]     コマンドラインモードにおけるすべての
                                短縮入力を削除
|:caddbuffer|   :cad[dbuffer]   バッファからエラーを追加する
|:caddexpr|     :cadde[xpr]     式からエラーを追加する
|:caddfile|     :caddf[ile]     現在のQuickFixリストにエラーメッセージを追加
|:call|         :cal[l]         関数を実行する
|:catch|        :cat[ch]        :tryコマンドの一部
|:cbuffer|      :cb[uffer]      エラーメッセージを解釈し、最初のエラーへジャン
                                プ
|:cc|           :cc             指定のエラーへジャンプ
|:cclose|       :ccl[ose]       QuickFixウィンドウを閉じる
|:cd|           :cd             ディレクトリの移動
|:cdo|          :cdo            QuickFixリストの各項目に対してコマンドを実行す
                                る
|:cfdo|         :cfd[o]         QuickFixリストの各ファイルに対してコマンドを実
                                行する
|:center|       :ce[nter]       行を中央寄せに整形
|:cexpr|        :cex[pr]        式からエラーを読みこみ、最初のエラーへジャンプ
|:cfile|        :cf[ile]        エラーファイルを読み込み最初のエラーへジャンプ
|:cfirst|       :cfir[st]       指定のエラーへジャンプ。省略時は先頭のエラー
|:cgetbuffer|   :cgetb[uffer]   バッファからエラーを取得する
|:cgetexpr|     :cgete[xpr]     式からエラーを取得する
|:cgetfile|     :cg[etfile]     エラーファイルを読み込む
|:changes|      :changes        変更リストを表示する
|:chdir|        :chd[ir]        ディレクトリの移動
|:checkpath|    :che[ckpath]    インクルードファイルを一覧表示
|:checktime|    :checkt[ime]    開いているファイルのタイムスタンプを確認する
|:clist|        :cl[ist]        すべてのエラーを一覧表示
|:clast|        :cla[st]        指定のエラーへジャンプ、省略時は最後のエラー
|:close|        :clo[se]        カレントウィンドウを閉じる
|:cmap|         :cm[ap]         コマンドラインモードを対象とする":map"コマンド
|:cmapclear|    :cmapc[lear]    コマンドラインモードのすべてのマップを削除
|:cmenu|        :cme[nu]        コマンドラインモードのメニューを追加
|:cnext|        :cn[ext]        次のエラーへジャンプ
|:cnewer|       :cnew[er]       より新しいエラーリストを使用する
|:cnfile|       :cnf[ile]       エラーリストの次のファイルの先頭エラーへ
                                ジャンプ
|:cnoremap|     :cno[remap]     コマンドラインモードを対象とする ":noremap"
                                コマンド
|:cnoreabbrev|  :cnorea[bbrev]  コマンドラインモードを対象とする ":noreabbrev"
                                コマンド
|:cnoremenu|    :cnoreme[nu]    コマンドラインモードを対象とする ":noremenu"
                                コマンド
|:copy|         :co[py]         行のコピー
|:colder|       :col[der]       より古いエラーリストを使用する
|:colorscheme|  :colo[rscheme]  指定した色テーマをロードする
|:command|      :com[mand]      ユーザー定義コマンドの作成
|:comclear|     :comc[lear]     すべてのユーザー定義コマンドの削除
|:compiler|     :comp[iler]     指定したコンパイラ用の設定をする
|:continue|     :con[tinue]     :while に戻って実行を続ける
|:confirm|      :conf[irm]      コマンドを実行し、ユーザーの確認が必要ならプロ
                                ンプトを表示する
|:copen|        :cope[n]        クイックフィックスウィンドウを開く
|:cprevious|    :cp[revious]    直前のエラーへジャンプ
|:cpfile|       :cpf[ile]       エラーリストの前のファイルの最後のエラーへ
                                ジャンプ
|:cquit|        :cq[uit]        Vimを終了しエラーコードを返す
|:crewind|      :cr[ewind]      指定のエラーへジャンプ。省略時は先頭のエラー
|:cscope|       :cs[cope]       cscope コマンドを実行
|:cstag|        :cst[ag]        cscope を使用してタグへジャンプする
|:cunmap|       :cu[nmap]       コマンドラインモードを対象とする ":unmap" コマ
                                ンド
|:cunabbrev|    :cuna[bbrev]    コマンドラインモードを対象とする ":unabbrev"
                                コマンド
|:cunmenu|      :cunme[nu]      コマンドラインモードのメニューを削除
|:cwindow|      :cw[indow]      クイックフィックスウィンドウを開閉する
|:delete|       :d[elete]       行を削除
|:delmarks|     :delm[arks]     マークを削除する
|:debug|        :deb[ug]        コマンドをデバッグモードで実行する
|:debuggreedy|  :debugg[reedy]  デバッグモードのコマンドを標準入力から読み込む
|:delcommand|   :delc[ommand]   ユーザー定義コマンドの削除
|:delfunction|  :delf[unction]  ユーザー定義関数の削除
|:diffupdate|   :dif[fupdate]   'diff' バッファを更新する
|:diffget|      :diffg[et]      カレントバッファの差異を他方に合わせる
|:diffoff|      :diffo[ff]      差分モードをオフにする
|:diffpatch|    :diffp[atch]    パッチを適用した新しい差分バッファを作成する
|:diffput|      :diffpu[t]      他方の差異をカレントバッファに合わせる
|:diffsplit|    :diffs[plit]    ファイルを開きその違いを表示する
|:diffthis|     :diffthis       カレントウィンドウを差分ウィンドウにする
|:digraphs|     :dig[raphs]     ダイグラフの入力または表示
|:display|      :di[splay]      レジスタの内容を表示
|:djump|        :dj[ump]        #define へジャンプ
|:dl|           :dl             'l' フラグ付き |:delete| の短縮形
|:dl|           :del[ete]l      'l' フラグ付き |:delete| の短縮形
|:dlist|        :dli[st]        #define をリスト表示
|:doautocmd|    :do[autocmd]    カレントバッファに対しオートコマンドを適用する
|:doautoall|    :doautoa[ll]    ロードされているバッファすべてにオートコマンド
                                を適用する
|:dp|           :d[elete]p      'p' フラグ付き |:delete| の短縮形
|:drop|         :dr[op]         指定したファイルが表示されているウィンドウに
                                ジャンプするか、カレントウィンドウで開く
|:dsearch|      :ds[earch]      マクロ定義(#define)を表示する
|:dsplit|       :dsp[lit]       ウィンドウを分割し #define へジャンプ
|:edit|         :e[dit]         ファイルの編集
|:earlier|      :ea[rlier]      バッファを時間的に前の状態に戻す。アンドゥ
|:echo|         :ec[ho]         式の結果を表示する
|:echoerr|      :echoe[rr]      :echoと同じだが、エラー表示し、履歴に残す
|:echohl|       :echoh[l]       echoコマンドで使用する強調表示を設定する
|:echomsg|      :echom[sg]      :echoと同じだが、履歴に残す
|:echon|        :echon          :echo と同じ、ただし <EOL> を出力しない
|:else|         :el[se]         :if コマンドと一緒に使用する
|:elseif|       :elsei[f]       :if コマンドと一緒に使用する
|:emenu|        :em[enu]        名前を指定してメニューを実行
|:endif|        :en[dif]        直前の :if の終了
|:endfor|       :endfo[r]       直前の :for の終了
|:endfunction|  :endf[unction]  ユーザー定義関数の終了
|:endtry|       :endt[ry]       直前の:tryを終了する
|:endwhile|     :endw[hile]     直前の :while の終了
|:enew|         :ene[w]         新しい名無しバッファを開く
|:ex|           :ex             ":edit" と同じ。
|:execute|      :exe[cute]      式の結果を実行する
|:exit|         :exi[t]         ":xit" と同じ。
|:exusage|      :exu[sage]      Exコマンドの概観
|:file|         :f[ile]         カレントファイルの名前を設定または表示
|:files|        :files          バッファリストの全ファイルを一覧表示
|:filetype|     :filet[ype]     ファイルタイプ検出の on/off 切換
|:find|         :fin[d]         'path' の中からファイルを検索し、開く
|:finally|      :fina[lly]      :try コマンドの一部
|:finish|       :fini[sh]       Vimスクリプトの読み込みを終了する
|:first|        :fir[st]        引数リストの最初のファイルを開く
|:fixdel|       :fix[del]       <Del> のキーコードを設定
|:fold|         :fo[ld]         折畳を作成する
|:foldclose|    :foldc[lose]    折畳を閉じる
|:folddoopen|   :foldd[oopen]   閉じている折畳以外の行にコマンドを実行する
|:folddoclosed| :folddoc[losed] 閉じている折畳の中の行にコマンドを実行する
|:foldopen|     :foldo[pen]     折畳を開く
|:for|          :for            for ループ
|:function|     :fu[nction]     ユーザー定義関数を定義
|:global|       :g[lobal]       パターンにマッチした行でコマンドを実行する
|:goto|         :go[to]         バッファ内の指定したバイト数の場所へジャンプ
|:grep|         :gr[ep]         'grepprg' を実行し、最初にマッチした位置へジャ
                                ンプ
|:grepadd|      :grepa[dd]      :grepと同じだが、結果を現在のリストへ加える
|:gui|          :gu[i]          GUI をスタートする
|:gvim|         :gv[im]         GUI をスタートする
|:hardcopy|     :ha[rdcopy]     テキストをプリンタに出力する
|:help|         :h[elp]         ヘルプウィンドウを表示
|:helpclose|    :helpc[lose]    ヘルプウィンドウを1つ閉じる
|:helpfind|     :helpf[ind]     ヘルプのキーワードを入力するためのダイアログを
                                ポップアップする
|:helpgrep|     :helpg[rep]     ヘルプファイル検索用の ":grep"
|:helptags|     :helpt[ags]     指定したディレクトリのヘルプタグを作成する
|:highlight|    :hi[ghlight]    強調表示を定義する
|:hide|         :hid[e]         コマンドを実行し、必要ならカレントバッファを
                                隠れ(hidden)バッファにする
|:history|      :his[tory]      コマンドラインの履歴を表示
|:insert|       :i[nsert]       テキストを挿入
|:iabbrev|      :ia[bbrev]      挿入モードを対象とする ":abbrev" コマンド
|:iabclear|     :iabc[lear]     挿入モードを対象とする ":abclear" コマンド
|:if|           :if             条件が成立した場合にコマンド群を実行
|:ijump|        :ij[ump]        識別子の定義へジャンプ
|:ilist|        :il[ist]        識別子に一致したすべての行をリスト表示
|:imap|         :im[ap]         挿入モードを対象とした ":map" コマンド
|:imapclear|    :imapc[lear]    挿入モードを対象とした ":mapclear" コマンド
|:imenu|        :ime[nu]        挿入モードを対象にメニュー追加
|:inoremap|     :ino[remap]     挿入モードを対象とした ":noremap" コマンド
|:inoreabbrev|  :inorea[bbrev]  挿入モードを対象とした ":noreabbrev" コマンド
|:inoremenu|    :inoreme[nu]    挿入モードを対象とした ":noremenu" コマンド
|:intro|        :int[ro]        起動直後のメッセージを表示
|:isearch|      :is[earch]      識別子と一致した最初の行を表示
|:isplit|       :isp[lit]       ウィンドウを分割し、識別子の定義へジャンプ
|:iunmap|       :iu[nmap]       挿入モードを対象とした ":unmap" コマンド
|:iunabbrev|    :iuna[bbrev]    挿入モードを対象とした ":unabbrev" コマンド
|:iunmenu|      :iunme[nu]      挿入モードを対象にメニュー削除
|:join|         :j[oin]         行の結合
|:jumps|        :ju[mps]        ジャンプリストの表示
|:k|            :k              マークを設定
|:keepalt|      :keepa[lt]      代替ファイルを変更せずにコマンドを実行する
|:keepmarks|    :kee[pmarks]    マークを変更せずにコマンドを実行する
|:keepjumps|    :keepj[umps]    マークやジャンプリストを変更せずにコマンドを実
                                行する
|:keeppatterns| :keepp[atterns] 検索パターン履歴を変更せずにコマンドを実行する
|:lNext|        :lN[ext]        ロケーションリストの前の項目の位置へ移動
|:lNfile|       :lNf[ile]       前のファイルの最後の項目の位置へ移動
|:list|         :l[ist]         行を表示
|:laddexpr|     :lad[dexpr]     exprからロケーションリストの項目を追加
|:laddbuffer|   :laddb[uffer]   バッファからロケーションリストの項目を追加
|:laddfile|     :laddf[ile]     現在のロケーションリストに項目を追加
|:last|         :la[st]         引数リストの最後のファイルを編集
|:language|     :lan[guage]     言語(ロケール)を設定する
|:later|        :lat[er]        バッファを時間的に新しい状態に戻す。リドゥ
|:lbuffer|      :lb[uffer]      バッファからロケーションリストを解釈し、
                                最初のエラーへジャンプ
|:lcd|          :lc[d]          ウィンドウのカレントディレクトリを変更する
|:lchdir|       :lch[dir]       ウィンドウのカレントディレクトリを変更する
|:lclose|       :lcl[ose]       ロケーションウィンドウを閉じる
|:lcscope|      :lcs[cope]      ":cscope" と同様だがロケーションリストを使う
|:ldo|          :ld[o]          ロケーションリストの各項目に対してコマンドを実
                                行する
|:lfdo|         :lfd[o]         ロケーションリストの各ファイルに対してコマンド
                                を実行する
|:left|         :le[ft]         行を左寄せに整形
|:leftabove|    :lefta[bove]    ウィンドウが左もしくは上に分割されるようにする
|:let|          :let            変数またはオプションに値を設定する
|:lexpr|        :lex[pr]        式からロケーションリストを読み込み、最初のエ
                                ラーへジャンプする
|:lfile|        :lf[ile]        ファイルからロケーションリストを読み込み、最初
                                のエラーへジャンプする
|:lfirst|       :lfir[st]       指定されたロケーションへジャンプする。デフォル
                                トは最初のロケーション。
|:lgetbuffer|   :lgetb[uffer]   バッファからロケーションリストを取得する
|:lgetexpr|     :lgete[xpr]     式からロケーションリストを取得する
|:lgetfile|     :lg[etfile]     ファイルからロケーションリストを取得する
|:lgrep|        :lgr[ep]        'grepprg' を実行し、最初のマッチへジャンプする
|:lgrepadd|     :lgrepa[dd]     :grepと同様だが現在のリストに追加する
|:lhelpgrep|    :lh[elpgrep]    ":helpgrep" と同様だがロケーションリストを使う
|:ll|           :ll             特定のロケーションへ移動する
|:llast|        :lla[st]        特定のロケーションへ移動する。デフォルトは最後
                                のロケーション
|:llist|        :lli[st]        全てのロケーションをリストする
|:lmake|        :lmak[e]        外部プログラム'makeprg'を実行、エラーメッセー
                                ジを解釈する。
|:lmap|         :lm[ap]         ":map!" と同じだが、Lang-Argモードも対象
|:lmapclear|    :lmapc[lear]    ":mapclear!" と同じだが、Lang-Argモードも対象
|:lnext|        :lne[xt]        次のロケーションへ移動
|:lnewer|       :lnew[er]       新しいロケーションリストへ移動
|:lnfile|       :lnf[ile]       次のファイルの最初のロケーションへ移動
|:lnoremap|     :ln[oremap]     ":noremap!" と同じだが、Lang-Argモードも対象
|:loadkeymap|   :loadk[eymap]   次の行からEOFまでキーマップを読み込む
|:loadplugin|   :loadp[lugin]   'packpath' からプラグインを読み込む
|:loadview|     :lo[adview]     カレントウィンドウにビューを読み込む
|:lockmarks|    :loc[kmarks]    マークを調整せずにコマンドを実行する
|:lockvar|      :lockv[ar]      変数をロックする
|:lolder|       :lol[der]       以前のロケーションリストへ移動
|:lopen|        :lope[n]        ロケーションウィンドウを開く
|:lprevious|    :lp[revious]    前のロケーションへ移動
|:lpfile|       :lpf[ile]       前のファイルの最後のロケーションへ移動
|:lrewind|      :lr[ewind]      指定されたロケーションへ移動。デフォルトは最初
                                のロケーション
|:ls|           :ls             すべてのバッファを表示
|:ltag|         :lt[ag]         タグへジャンプし、マッチしたタグをロケーション
                                リストに追加する
|:lunmap|       :lu[nmap]       ":unmap!" と同じだが、Lang-Argモードも対象
|:lua|          :lua            |Lua| コマンドを実行
|:luado|        :luad[o]        各行に対して Lua コマンドを実行
|:luafile|      :luaf[ile]      |Lua| スクリプトファイルを実行
|:lvimgrep|     :lv[imgrep]     ファイルからパターンを検索する
|:lvimgrepadd|  :lvimgrepa[dd]  :vimgrepと同様だが、ロケーションリストに追加す
                                る
|:lwindow|      :lw[indow]      ロケーションウィンドウを開閉する
|:move|         :m[ove]         行を移動する
|:mark|         :ma[rk]         マークを設定
|:make|         :mak[e]         外部プログラム 'makeprg' を実行し、エラーメッ
                                セージを解釈する
|:map|          :map            マップの設定または表示
|:mapclear|     :mapc[lear]     ノーマルモードとビジュアルモードを対象にマップ
                                をクリア
|:marks|        :marks          すべてのマークを表示
|:match|        :mat[ch]        指定したパターンの文字を強調表示する
|:menu|         :me[nu]         新しいメニュー項目を追加
|:menutranslate|  :menut[ranslate] 翻訳したメニュー項目を追加する
|:messages|     :mes[sages]     直前に表示されたメッセージの表示
|:mkexrc|       :mk[exrc]       現在のマップと設定をファイルに書き出す
|:mksession|    :mks[ession]    セッション情報をファイルに書き出す
|:mkspell|      :mksp[ell]      スペルファイル .splを生成する
|:mkview|       :mkvie[w]       カレントウィンドウのビューをファイルに保存する
|:mkvimrc|      :mkv[imrc]      現在のマップと設定をファイルに書き出す
|:mode|         :mod[e]         スクリーンモードを表示または変更する
|:mzscheme|     :mz[scheme]     MzSchemeコマンドを実行する
|:mzfile|       :mzf[ile]       MzSchemeスクリプトファイルを実行する
|:nbclose|      :nbc[lose]      現在の Netbeans セッションを閉じる
|:nbstart|      :nbs[art]       新しい Netbeans セッションを開始する
|:nbkey|        :nb[key]        キーをNetbeansに渡す
|:next|         :n[ext]         引数リストの次のファイルを開く
|:new|          :new            新規に空のウィンドウを作成する
|:nmap|         :nm[ap]         ノーマルモードを対象とする ":map" コマンド
|:nmapclear|    :nmapc[lear]    ノーマルモードのすべてのマップを削除する
|:nmenu|        :nme[nu]        ノーマルモードのメニューを追加する
|:nnoremap|     :nn[oremap]     ノーマルモードを対象とする ":noremap" コマンド
|:nnoremenu|    :nnoreme[nu]    ノーマルモードを対象とする ":noremenu" コマンド
|:noautocmd|    :noa[utocmd]    自動コマンドを実行せずにコマンドを実行する
|:noremap|      :no[remap]      再マップされないマップを定義する
|:nohlsearch|   :noh[lsearch]   一時的に 'hlsearch' の強調表示をやめる
|:noreabbrev|   :norea[bbrev]   再マップされない短縮入力を定義する
|:noremenu|     :noreme[nu]     再マップされないメニューを定義する
|:normal|       :norm[al]       ノーマルモードのコマンドを実行する
|:noswapfile|   :nos[wapfile]   スワップファイルを作らずにコマンドを実行する
|:number|       :nu[mber]       行番号を表示
|:nunmap|       :nun[map]       ノーマルモードを対象とする ":unmap" コマンド
|:nunmenu|      :nunme[nu]      ノーマルモードのメニューを削除
|:oldfiles|     :ol[dfiles]     viminfo ファイルに記録されたマークを持つファイ
                                ルを表示する
|:open|         :o[pen]         openモードを開始(未実装)
|:omap|         :om[ap]         Operator-pending モードを対象とする ":map"
                                コマンド
|:omapclear|    :omapc[lear]    Operator-pending モードのマップをすべて削除
|:omenu|        :ome[nu]        Operator-pending モードのメニューを追加
|:only|         :on[ly]         カレントウィンドウ以外のウィンドウをすべて閉じる
|:onoremap|     :ono[remap]     Operator-pending モードを対象とする ":noremap"
                                コマンド
|:onoremenu|    :onoreme[nu]    Operator-pending モードを対象とする
                                ":noremenu" コマンド
|:options|      :opt[ions]      オプションウィンドウを開く
|:ounmap|       :ou[nmap]       Operator-pending モードを対象とした ":unmap"
                                コマンド
|:ounmenu|      :ounme[nu]      Operator-pending モードのメニューを削除
|:ownsyntax|    :ow[nsyntax]    ウィンドウのローカル構文強調を新たに設定する
|:pclose|       :pc[lose]       プレビューウィンドウを閉じる
|:pedit|        :ped[it]        プレビューウィンドウでファイルを開く
|:perl|         :pe[rl]         Perl コマンドを実行
|:print|        :p[rint]        行単位で印刷する
|:profdel|      :profd[el]      関数やスクリプトのプロファイリングを停止する
|:profile|      :prof[ile]      関数やスクリプトのプロファイリングをする
|:promptfind|   :pro[mptfind]   GUIの検索ダイアログを開く
|:promptrepl|   :promptr[epl]   GUIの検索・置換ダイアログを開く
|:perldo|       :perld[o]       1行ずつ Perl コマンドを実行
|:pop|          :po[p]          タグスタックの1つ古いエントリへジャンプ
|:popup|        :popup          指定した名前のメニューをポップアップ表示する
|:ppop|         :pp[op]         プレビューウィンドウで ":pop" を実行
|:preserve|     :pre[serve]     すべてのテキストをスワップファイルに書き出す
|:previous|     :prev[ious]     引数リスト中の前のファイルを読み込む
|:psearch|      :ps[earch]      ":ijump"と同じだが、結果をプレビューウィンドウ
                                で表示する
|:ptag|         :pt[ag]         プレビューウィンドウでタグを表示
|:ptNext|       :ptN[ext]       プレビューウィンドウで |:tNext| を実行
|:ptfirst|      :ptf[irst]      プレビューウィンドウで|:trewind| を実行
|:ptjump|       :ptj[ump]       プレビューウィンドウで |:tjump| を実行、タグを
                                表示
|:ptlast|       :ptl[ast]       プレビューウィンドウで |:tlast| を実行
|:ptnext|       :ptn[ext]       プレビューウィンドウで |:tnext| を実行
|:ptprevious|   :ptp[revious]   プレビューウィンドウで |:tprevious| を実行
|:ptrewind|     :ptr[ewind]     プレビューウィンドウで |:trewind| を実行
|:ptselect|     :pts[elect]     プレビューウィンドウで |:tselect| を実行、タグ
                                を表示
|:put|          :pu[t]          テキストにレジスタの内容を挿入
|:pwd|          :pw[d]          カレントディレクトリを表示
|:py3|          :py3            Python 3 コマンドを実行
|:python3|      :python3        :py3 と同じ
|:py3do|        :py3d[o]        各行に対して Python 3 コマンドを実行
|:py3file|      :py3f[ile]      Python 3 スクリプトファイルを実行
|:python|       :py[thon]       Python コマンドを実行
|:pydo|         :pyd[o]         各行に対して Python コマンドを実行
|:pyfile|       :pyf[ile]       Python スクリプトファイルを実行
|:quit|         :q[uit]         カレントウィンドウを閉じる(ウィンドウが1つなら
                                Vim を終了)
|:quitall|      :quita[ll]      Vim を終了
|:qall|         :qa[ll]         Vim を終了
|:read|         :r[ead]         テキストにファイルを挿入
|:recover|      :rec[over]      スワップファイルからファイルを復元
|:redo|         :red[o]         1回のアンドゥをリドゥする
|:redraw|       :redr[aw]       画面を再描画する
|:redrawstatus| :redraws[tatus] ステータスラインを再描画する
|:redir|        :redi[r]        ファイルまたはレジスタにメッセージをリダイレク
                                トする
|:registers|    :reg[isters]    レジスタの内容を表示
|:resize|       :res[ize]       カレントウィンドウの高さを変更
|:retab|        :ret[ab]        タブの大きさを変更
|:return|       :retu[rn]       ユーザー関数から戻る
|:rewind|       :rew[ind]       引数リストの先頭のファイルを開く
|:right|        :ri[ght]        テキストを右寄せに整形
|:rightbelow|   :rightb[elow]   ウィンドウが右もしくは下に分割されるようにする
|:ruby|         :rub[y]         Rubyのコマンドを実行する
|:rubydo|       :rubyd[o]       各行に対してRubyのコマンドを実行する
|:rubyfile|     :rubyf[ile]     Rubyスクリプトファイルを実行する
|:rundo|        :rund[o]        アンドゥ情報をファイルから読み込む
|:runtime|      :ru[ntime]      Vimスクリプトを'runtimepath'から探して実行する
|:rviminfo|     :rv[iminfo]     viminfo ファイルを読み込む
|:substitute|   :s[ubstitute]   テキストの置換
|:sNext|        :sN[ext]        ウィンドウを分割して、引数リストの前のファイル
                                を開く
|:sandbox|      :san[dbox]      サンドボックスでコマンドを実行する
|:sargument|    :sa[rgument]    ウィンドウを分割して、引数リストの指定ファイル
                                を開く
|:sall|         :sal[l]         引数リストのすべてのファイルをウィンドウを作成
                                して開く
|:saveas|       :sav[eas]       別の名前でファイルを保存する
|:sbuffer|      :sb[uffer]      ウィンドウを分割してバッファリストの指定した
                                バッファを開く
|:sbNext|       :sbN[ext]       ウィンドウを分割してバッファリストの前の
                                バッファを開く
|:sball|        :sba[ll]        バッファリストのすべてのバッファをウィンドウを
                                作成して開く
|:sbfirst|      :sbf[irst]      ウィンドウを分割してバッファリストの最初の
                                バッファを開く
|:sblast|       :sbl[ast]       ウィンドウを分割してバッファリストの最後の
                                バッファを開く
|:sbmodified|   :sbm[odified]   ウィンドウを分割してバッファリストの変更済み
                                バッファを開く
|:sbnext|       :sbn[ext]       ウィンドウを分割してバッファリストの次の
                                バッファを開く
|:sbprevious|   :sbp[revious]   ウィンドウを分割してバッファリストの前の
                                バッファを開く
|:sbrewind|     :sbr[ewind]     ウィンドウを分割してバッファリストの最初の
                                バッファを開く
|:scriptnames|  :scr[iptnames]  実行済みVimスクリプトの名前を一覧表示する
|:scriptencoding| :scripte[ncoding]     Vimスクリプトが使用しているエンコー
                                        ディングを指定する
|:scscope|      :scs[cope]      ウィンドウを分割してcscopeコマンドを実行する
|:set|          :se[t]          オプションを表示または設定する
|:setfiletype|  :setf[iletype]  まだ設定されていなければ 'filetype' を設定する
|:setglobal|    :setg[lobal]    グローバルオプションを表示もしくは設定する
|:setlocal|     :setl[ocal]     ローカルオプションを表示もしくは設定する
|:sfind|        :sf[ind]        ウィンドウを分割して、'path' にあるファイルを
                                開く
|:sfirst|       :sfir[st]       ウィンドウを分割して引数リストの最初のファイル
                                を開く
|:shell|        :sh[ell]        シェルを実行する
|:simalt|       :si[malt]       Win32 GUI: Windows ALT キーをシミュレートする
|:sign|         :sig[n]         目印を取り扱うコマンド
|:silent|       :sil[ent]       実行したコマンドの出力を抑制する
|:sleep|        :sl[eep]        数秒間何もしない
|:slast|        :sla[st]        ウィンドウを分割して引数リストの最後のファイル
                                を開く
|:smagic|       :sm[agic]       'magic' オプションの下で :substitute を実行
|:smap|         :smap           ":map" と同様。選択モード用
|:smapclear|    :smapc[lear]    選択モードのすべてのマップを削除する
|:smenu|        :sme[nu]        選択モードのメニューを追加する
|:smile|        :smi[le]        ユーザーを幸せにする
|:snext|        :sn[ext]        ウィンドウを分割して引数リストの次のファイルを
                                開く
|:snomagic|     :sno[magic]     'nomagic' オプションの下で :substitute を実行
|:snoremap|     :snor[emap]     ":noremap" と同様。選択モード用
|:snoremenu|    :snoreme[nu]    ":noremenu" と同様。選択モード用
|:sort|         :sor[t]         行をソートする
|:source|       :so[urce]       Vim or Ex コマンドをファイルから読み込む
|:spelldump|    :spelld[ump]    ウィンドウを分割し、正しい単語を列挙する
|:spellgood|    :spe[llgood]    スペルチェック用に正しい単語を登録する
|:spellinfo|    :spelli[nfo]    読み込んでいるスペルファイルの情報を表示する
|:spellrepall|  :spellr[epall]  最後の|z=|と同様にすべての間違った単語を置換
|:spellundo|    :spellu[ndo]    正しいまたは間違った単語を削除
|:spellwrong|   :spellw[rong]   スペリングの間違いを登録する
|:split|        :sp[lit]        カレントウィンドウを分割
|:sprevious|    :spr[evious]    ウィンドウを分割して引数リストの前のファイルを
                                開く
|:srewind|      :sre[wind]      ウィンドウを分割して引数リストの最初のファイル
                                を開く
|:stop|         :st[op]         Vimをサスペンドする
|:stag|         :sta[g]         ウィンドウを分割して、タグへジャンプする
|:startinsert|  :star[tinsert]  挿入モードを開始する
|:startgreplace|  :startg[replace] 仮想置換モードを開始する
|:startreplace| :startr[eplace] 置換モードを開始する
|:stopinsert|   :stopi[nsert]   挿入モードを終了する
|:stjump|       :stj[ump]       ウィンドウを分割して、":tjump" を実行
|:stselect|     :sts[elect]     ウィンドウを分割して、":tselect" を実行
|:sunhide|      :sun[hide]      ":unhide" と同じ。
|:sunmap|       :sunm[ap]       ":unmap" と同様。選択モード用
|:sunmenu|      :sunme[nu]      選択モードのメニューを削除する
|:suspend|      :sus[pend]      ":stop" と同じ。
|:sview|        :sv[iew]        ウィンドウを分割してファイルを読み込み専用
                                で開く
|:swapname|     :sw[apname]     現在のスワップファイルの名前を表示
|:syntax|       :sy[ntax]       構文強調表示 (syntax highlighting)
|:syntime|      :synti[me]      構文強調表示の速度を測定する
|:syncbind|     :sync[bind]     ウィンドウのスクロール状態を同期する
|:t|            :t              ":copy" と同じ。
|:tNext|        :tN[ext]        後方へ検索し一致したタグ位置へジャンプ
|:tabNext|      :tabN[ext]      前のタブページへ移動
|:tabclose|     :tabc[lose]     現在のタブページを閉じる
|:tabdo|        :tabdo          各タブページでコマンドを実行する
|:tabedit|      :tabe[dit]      新しいタブページでファイルを開く
|:tabfind|      :tabf[ind]      'path'からファイルを探し新しいタブページで開く
|:tabfirst|     :tabfir[st]     最初のタブページへ移動
|:tablast|      :tabl[ast]      最後のタブページへ移動
|:tabmove|      :tabm[ove]      タブページの位置を移動
|:tabnew|       :tabnew         新しいタブページでファイルを編集する
|:tabnext|      :tabn[ext]      次のタブページへ移動
|:tabonly|      :tabo[nly]      現在のタブページ以外をすべて閉じる
|:tabprevious|  :tabp[revious]  前のタブページへ移動
|:tabrewind|    :tabr[ewind]    最初のタブページへ移動
|:tabs|         :tabs           タブページとその中身を列挙
|:tab|          :tab            新しいウィンドウを開くとき新しいタブを作る
|:tag|          :ta[g]          タグを検索しジャンプする
|:tags|         :tags           タグスタックの内容を表示
|:tcl|          :tc[l]          Tcl コマンドを実行
|:tcldo|        :tcld[o]        各行の Tcl コマンドを実行
|:tclfile|      :tclf[ile]      Tcl スクリプトファイルを実行
|:tearoff|      :te[aroff]      メニューを切り離す
|:tfirst|       :tf[irst]       複数一致した内の最初のタグへジャンプ
|:throw|        :th[row]        例外を投げる
|:tjump|        :tj[ump]        ":tselect" と同様、ただし一致したタグが1つし
                                かない場合、その場所へジャンプ
|:tlast|        :tl[ast]        直前に一致したタグ位置へジャンプ
|:tmenu|        :tm[enu]        ツールチップメニューを定義する
|:tnext|        :tn[ext]        タグを前方検索し、ジャンプ
|:tprevious|    :tp[revious]    タグを後方検索し、ジャンプ
|:topleft|      :to[pleft]      ウィンドウが最も左もしくは最も上に分割されるよ
                                うにする
|:trewind|      :tr[ewind]      最初に一致したタグ位置へジャンプ
|:tselect|      :ts[elect]      一致したタグを一覧表示し、ジャンプ先のタグ
                                を選択
|:tunmenu|      :tu[nmenu]      ツールチップメニューを削除
|:try|          :try            コマンドを実行し発生したエラーや例外を処理する
|:undo|         :u[ndo]         最後の変更を取り消す
|:undojoin|     :undoj[oin]     次の変更を前のアンドゥブロックと連結する
|:undolist|     :undol[ist]     アンドゥツリーのリーフを列挙する
|:unabbreviate| :una[bbreviate] 短縮入力を削除
|:unhide|       :unh[ide]       バッファリストのメモリにロードされているすべて
                                のバッファをウィンドウを作成して開く
|:unlet|        :unl[et]        変数を削除
|:unlockvar|    :unlo[ckvar]    変数をアンロックする
|:unmap|        :unm[ap]        マップを削除
|:unmenu|       :unme[nu]       メニューを削除
|:unsilent|     :uns[ilent]     コマンドを silent でなく実行する
|:update|       :up[date]       バッファ内容が変更されていれば、ファイルに書
                                き出す
|:vglobal|      :v[global]      パターンにマッチしない行でコマンドを実行する
|:version|      :ve[rsion]      バージョン番号その他の情報を表示
|:verbose|      :verb[ose]      'verbose' を一時設定してコマンドを実行する
|:vertical|     :vert[ical]     ウィンドウが垂直分割されるようにする
|:vimgrep|      :vim[grep]      複数ファイルからパターンを検索する
|:vimgrepadd|   :vimgrepa[dd]   :vimgrepと同様だが現在のリストに追加
|:visual|       :vi[sual]       ":edit" と同じ、ただし "Ex" モードから抜ける。
|:viusage|      :viu[sage]      ノーマルモードコマンドの概観
|:view|         :vie[w]         読み込み専用でファイルを開く
|:vmap|         :vm[ap]         ビジュアル・選択モードを対象とする
                                ":map" コマンド
|:vmapclear|    :vmapc[lear]    ビジュアル・選択モードのマッピングをすべて
                                削除
|:vmenu|        :vme[nu]        ビジュアル・選択モードのメニューを追加
|:vnew|         :vne[w]         新しいウィンドウを垂直分割して作る
|:vnoremap|     :vn[oremap]     ビジュアル・選択モードを対象とする
                                ":noremap" コマンド
|:vnoremenu|    :vnoreme[nu]    ビジュアル・選択モードを対象とする
                                ":noremenu" コマンド
|:vsplit|       :vs[plit]       カレントウィンドウを垂直分割する
|:vunmap|       :vu[nmap]       ビジュアル・選択モードを対象とする
                                ":unmap" コマンド
|:vunmenu|      :vunme[nu]      ビジュアルモードのメニューを削除
|:windo|        :windo          各ウィンドウに対してコマンドを実行する
|:write|        :w[rite]        ファイルに保存
|:wNext|        :wN[ext]        ファイルに保存して、引数リストの直前のファイ
                                ルを開く
|:wall|         :wa[ll]         (変更した) すべてのバッファを保存
|:while|        :wh[ile]        与えた条件を満たしている限りループする
|:winsize|      :wi[nsize]      ウィンドウサイズを取得もしくはセットする (古
                                いコマンド)
|:winpos|       :winp[os]       ウィンドウの位置を取得もしくはセットする
|:wincmd|       :winc[md]       ウィンドウコマンド(CTRL-W)を実行する
|:wnext|        :wn[ext]        ファイルに保存して、引数リストの次のファイル
                                を開く
|:wprevious|    :wp[revious]    ファイルに保存して、引数リストの直前のファイ
                                ルを開く
|:wq|           :wq             ファイルに保存して、ウィンドウもしくは Vim を
                                終了
|:wqall|        :wqa[ll]        すべての変更済みバッファを保存し、Vim を終了
|:wundo|        :wu[ndo]        アンドゥ情報をファイルに保存する
|:wviminfo|     :wv[iminfo]     viminfo ファイルに保存
|:wsverb|       :ws[verb]       workshopに命令をIPCで送信する
|:xit|          :x[it]          バッファが変更されていたら保存し、ウィンドウ
                                もしくは Vim を終了
|:xall|         :xa[ll]         ":wqall" と同じ。
|:xmapclear|    :xmapc[lear]    ビジュアルモード時のマッピングを全て削除する
|:xmap|         :xm[ap]         ":map" と同様。ビジュアルモード用
|:xmenu|        :xme[nu]        ビジュアルモード時にメニューを追加する
|:xnoremap|     :xn[oremap]     ":noremap" と同様。ビジュアルモード用
|:xnoremenu|    :xnoreme[nu]    ":noremenu" と同様。ビジュアルモード用
|:xunmap|       :xu[nmap]       ":unmap" と同様。ビジュアルモード用
|:xunmenu|      :xunme[nu]      ビジュアルモード時にメニューを削除する
|:yank|         :y[ank]         行をレジスタへヤンク
|:z|            :z              行を表示
|:~|            :~              直前に実行した ":substitute" を実行

 vim:tw=78:ts=8:ft=help:norl: