vim-jp / vimdoc-ja / rileft

rileft - Vim日本語ドキュメント

メインヘルプファイルに戻る
*rileft.txt*    For Vim バージョン 8.0.  Last change: 2006 Apr 24


                VIMリファレンスマニュアル    by Avner Lottem
                                             updated by Nadim Shaikli


Vimにおける "右左" 書きとヘブライマッピング                     *rileft*


これらの機能はAvner Lottemによって作成された
    E-mail: alottem@iil.intel.com
    Phone:  +972-4-8307322

{Vi にはこれらのコマンドはない}

                                                                *E26*
{Vim が |+rightleft| 機能付きでコンパイルされたときのみ有効}


はじめに
------------------
アラビア語、ペルシア語、ヘブライ語など、いくつかの言語では文章を右から左へ表示
する。これらの言語で書かれたファイルは普通に記録され、右から左へ表示するのはグ
ラフィックエンジンの機能である(Unicodeを利用して)。右左指向ファイルでは文字は
画面の右から左へ書かれる。

双方向性(Bidirectionality 略して bidi)はUnicodeがこれらの言語を扱うために提供
しているものである。双方向性はユーザーが "右から左" のテキストと "左から右" の
テキストを同時に同じウィンドウで適切に表示できるようにする。Vim は現在のとこ
ろ、簡素でいるために、双方向性を提供していない。単に "右から左" 言語を表示、入
力、使用する機能を提供している。古い混在方法、文字単位 (または複数文字) で表示
する方向を決める方法はサポートされていない。そして、この種のサポートは既存のエ
ディタに簡単に加えることはできない (そしてUnicodeでも承認されていない)。


概要
----------
o  "左右" ファイルの編集はオリジナルのVimと同じで、変更はない

o  "右から左" ウィンドウでファイルを閲覧、編集できる。ファイルはウィンドウ単位
   で指向方向を選択できるので、同じファイルを "右左" と "左右" ウィンドウで同
   時に閲覧することが可能である。(これは表示方向の違う複数の言語が混在している
   時に便利である)

o  オリジナルのVimとの互換性。ほとんど全ての機能が "右左" モードでも使用できる。
   (下記「バグ」の章を参照)

o  反転入力モードからの復帰がファイルの正しい場所で行われる(可能な限り)。

o  "右左" 機能を使用するのに特別な端末を必要としない。"右左" 拡張機能は完全に
   ハードウェア非依存である。

o  たくさんの言語が "右左" 言語サポートを必要とする。このサポートに手を加え他の
   "右左" 言語(アラビア語など)に対応させるのは簡単だろう。文字エンコードに合わ
   せてキーボードマッピングを変更したり、ほんの少しコードに手を加えればいい。
   現在はこれら|arabic.txt||farsi.txt||hebrew.txt|の言語サポートを含んでい
   る。


重要
--------------

o  機能を有効にするために
   -----------
   + 'rightleft' ('rl') ウィンドウを "右から左" 指向に設定する。
   + 'delcombine' ('deco')。真偽値。UTF-8 でエンコードされた言語を編集中に合
     成文字を構成している文字を削除すると合成文字全体を削除する。
   + 'rightleftcmd' ('rlc') "右から左" 指向で便利なように、あるモード (検索な
     ど) のコマンドラインの入力方法を設定する。

o  後方タイピング                                               *ins-reverse*
   --------------

   全面的に 'rightleft' オプションを使う代わりに、もう一つ逆方向に挿入する方法
   がある。'revins' (逆挿入)オプションが有効になっていると、挿入した文字が後方
   に流れていく。"右左" 方向のテキストを入力するのに使える。キャラクタを挿入す
   ると、カーソルはその場から動かずテキストが右へ流れていく。<BS>はカーソルの
   下の文字を削除する。CTRL-WCTRL-Uも反対の方向へ働く。'backspace' オプショ
   ンが指定されているかに関わらず<BS>CTRL-WCTRL-Uは入力の開始点や行末で停
   止しない。

    (まだ)逆置換モードは実装されていない。

    'showmode' オプションが設定されていると、逆挿入モードが有効になっている時
    には状態表示行(ステータスライン)に "-- REVERSE INSERT --" が表示されるだろ
    う。

o   "右左" ウィンドウでの貼り付け
    -----------------------------

    マウスでカットした文章を "右左" ウィンドウに貼り付けると、"左右" バッファ
    からカットされたバッファの文字を "右左" ファイルへ入力することになるので、
    テキストは反転される。これを避けるには貼り付け前に 'revins' を切り替える。

バグ
----
o  "右左" ウィンドウではCTRL-ACTRL-X(足し算、引き算)コマンドは正しく働かな
   い。

o  逆挿入とコマンドラインでの "右左" モードはサポートされない。しかしながらマッ
   ピング、短縮入力、検索、コマンドラインでの "左右" 入力が可能なので、エディ
   タの機能性はそこなわれない

o  "右左" モードでは多少遅くなる。"右左" の動作は端末制御ではなくVimでのエミュ
   レーションによって実現されているため。

o  7ビット端末はサポートしない。完全なヘブライ語と英語フォント(ヘブライ語と英
   語を切り替えるのにエスケープシーケンスを必要としない)のある端末だけがサポー
   トされる。

o  Athena GUIを使用すると、下スクロールバーが間違った方向に働く。これを修正す
   るのは難しい。

o  'rightleft' と 'revins' が両方とも有効になっていると: 'textwidth' が動作し
   ない。行が折り返されない; 長い行が作成される。


 vim:tw=78:ts=8:ft=help:norl: