vim-jp / vimdoc-ja / pi_gzip

pi_gzip - Vim日本語ドキュメント

メインヘルプファイルに戻る English | 日本語
pi_gzip.txt   For Vim バージョン 8.0.  Last change: 2016 Nov 06


                VIMリファレンスマニュアル    by Bram Moolenaar


圧縮されたファイルをVimで編集する               gzip bzip2 compress

1. 自動実行コマンド             gzip-autocmd

ここで説明されているのは standard-plugin {訳注: 標準プラグイン} です。
このプラグインは 'compatible' がオフのときだけ利用できます。
変数 "loaded_gzip" を設定することでプラグインが読み込まれないようにできます:
        :let loaded_gzip = 1

{Vi にはこの機能はない}

==============================================================================
1. 自動実行コマンド                                     gzip-autocmd

このプラグインは自動実行コマンドをインストールして、以下の拡張子を持つファイル
の読み書きを処理します:

        拡張子          圧縮方法(コマンド)
        *.Z             compress (Lempel-Ziv)
        *.gz            gzip
        *.bz2           bzip2
        *.lzma          lzma
        *.xz            xz
        *.lz            lzip
        *.zst           zstd

あなたが知るべきことはこれだけです。オプションはありません。

ファイルが伸長された後、再びファイル形式の判定処理が実行されます。それにより
"foo.c.gz" のようなファイルが "c" 形式のファイルとして判定されます。

'patchmode' を設定している場合、設定された値は圧縮を示す拡張子の後に付けられま
す。したがってパッチモードで作成されたファイルを開くときは自動的には伸長されま
せん。そのファイルを伸長するにはファイル名を変更する必要があるでしょう。

==============================================================================
 vim:tw=78:ts=8:ft=help:norl: