vim-jp / vimdoc-ja / os_qnx

os_qnx - Vim日本語ドキュメント

メインヘルプファイルに戻る English | 日本語
os_qnx.txt    For Vim バージョン 8.0.  Last change: 2005 Mar 29


                VIMリファレンスマニュアル    by Julian Kinraid


                                                        QNX qnx

1. 概要                         qnx-general
2. Vimをコンパイルする          qnx-compiling
3. 端末サポート                 qnx-terminal
4. Photon GUI                   photon-gui
5. Photon フォント              photon-fonts
6. バグと今後の予定     

==============================================================================

1. 概要                                                 qnx-general

ONX上のVimはほとんどUNIXと同じように動作する。 os_unix.txt

==============================================================================
2. Vimをコンパイルする                                  qnx-compiling

Vimは標準的なconfigure/makeのやり方でコンパイルすることができる。X11を使ってコ
ンパイルしたいならば、configure にオプション --with-x を渡す。そうではなく
./configure に引数を渡さない場合や、--enable-gui=photon を渡した場合には、
Photon GUIをサポートする。その他の有/無効を指定できる機能については
./configure --help を実行することで知ることができる。

==============================================================================
3. 端末サポート                                         qnx-terminal

Vimはコンパイル時にオプションが指定されれば、ptermでのマウスとクリップをサポー
トしている。通常そのオプションは指定される。

マウスのサポートに関わるオプションには 'mouse' と 'ttymouse' がある。マウ
スを使用時には、単純に左右のボタンのクリックとダブルクリックのみがサポートされ
る。マウス使用中に<Shift><Ctrl><Alt>を押下状態にすると、ptermはマウスを自
分で解釈してしまう。その結果、範囲選択が成されるが、これはVimが行うのそれとは
本質的に異なったものである。

マウス使用時には<Alt-RightMouse>でptermのメニューを開くことができる。vim側でマ
ウスを無効にするには、オプション 'mouse' を空に設定する:
        :set mouse=

==============================================================================
4. Photon GUI                                           photon-gui

GUIのVimを起動するには、gvimかvim -gを実行する。そうでなければ端末版が起動す
る。詳細な情報は - gui-x11-start

サポートされる機能:
        :browse コマンド                                :browse
        :confirm コマンド                               :confirm
        カーソルの点滅                                  'guicursor'
        メニュー                                        :menu
        ポップアップメニュー                            popup-menu
        メニューの優先順位                              menu-priority
        ツールバー                                      gui-toolbar
                                                        'toolbar'
        フォント選択ダイアログ (:set guifont=*)         photon-fonts
        マウスフォーカス                                'mousefocus'
        マウスカーソルを隠す                            'mousehide'
        マウスカーソルの形                              'mouseshape'
        クリップボード                                  gui-clipboard

未完成の機能:
        様々な国際化のサポート、アラビア語やヘブライ語のサポート、
        エンコードのサポート、その他諸々。

        このヘルプファイル

サポートされていない機能:
        検索/置換ウィンドウ                             :promptfind
        切り取りメニュー

        このリストに書こうとさえ思いつかない、だから書けない他のもの。

==============================================================================
5. Photon フォント                                      photon-fonts

オプション 'guifont' でGUIのフォントを設定する:
        :set guifont=Lucida\ Terminal

指定するフォントは等幅でなければならず、フォント名の中の空白文字は '\' でエス
ケープする必要がある。PC端末で使われるデフォルトのフォントサイズは8である。
フォント名に '*' を使用すると、フォント選択のためにPhotonの標準的なフォント選
択ダイアログが開く。

フォント名に続いて、フォントのサイズとスタイルを制御するための補助設定を含める
ことができる。各補助設定は ':' で区切る。フォントが全てが、全部のスタイルをサ
ポートしているわけではない。

補助設定:
    s{size}     フォントのサイズを{size}に設定する。
    b           太字
    a           アンチエイリアス(縁が滑らかになる)
    i           斜体

例::

monospaceフォントをサイズ10のアンチエイリアスで
        :set guifont=monospace:s10:a

Courierフォントをサイズ12の太字 + 斜体で
        :set guifont=Courier:s12:b:i

ダイアログでフォントを選択する
        :set guifont=*

==============================================================================
6. バグと今後の予定     

既知の問題:
        - 外部プログラムを実行すると時々Vimがハングする。回避方法:
          次の行をvimrcファイルに追加する:
                set noguipty

Bugs:
        - メニューの強調にまだ少し問題がある
        - phiditto/phinows/その他などの、太字をサポートしていないフォントを使
          用すると、Vimが太字テキストを描画しようとした時に失敗してしまう。
          {訳注: phidittoやphinowsはフォント名だと推測される}
        - カーソルが時々、見え難くなる。
        - 修正可能な相当数の一般的でない問題

Todo:
        - 多言語対応を進める
        - メニューとツールバーで使用されるフォントを設定するオプション
        - 検索と置換のダイアログ
        - クライアントサーバー通信の機能
        - 切り取りメニュー(予定)

        - 外部コマンドの実行をfork()からspawn()に切換える。

 vim:tw=78:sw=4:ts=8:ts=8:ft=help:norl: