vim-jp / vimdoc-ja / debug

debug - Vim日本語ドキュメント

メインヘルプファイルに戻る English | 日本語
debug.txt     For Vim バージョン 8.0.  Last change: 2012 Feb 11


                  VIMリファレンスマニュアル    by Bram Moolenaar


Vim のデバッグ                                          debug-vim

Vim のデバッグ方法についての説明です。
Vim script や関数などのデバッグについては、debug-scripts を参照してください。

1. gcc と gdb を使ってクラッシュの場所を特定する        debug-gcc
2. メモリリークの検出                                   debug-leaks
3. Windows でのバグレポート                             debug-win32

==============================================================================

1. gcc と gdb を使ってクラッシュの場所を特定する        debug-gcc gdb

テストファイルで Vim がクラッシュした場合、gcc を使っているなら、以下の方法で
場所を特定できます。MinGW でも同じようにできます。

1. "-g" オプション付きで Vim をコンパイル (src/Makefile にそのための行があるの
   で、それをコメントアウトしてください)。さらに "strip" を無効化 (strip をイ
   ンストールしないか、"STRIP = /bin/true" の行を使う)。

2. 次のコマンドを実行 ("11" の所を失敗したテストの番号に変えてください):
        cd testdir
        gdb ../vim
        run -u unix.vim -U NONE -s dotest.in test11.in

3. Vim のクラッシュを確認。gdb がメッセージを表示します。

4. 次のコマンドでスタックトレースを表示できます:
        where
   次のコマンドで別の場所のスタックトレースを表示できます:
        frame 3
   "3" のところにスタックトレースの番号を指定してください。

==============================================================================

2. メモリリークの検出                           debug-leaks valgrind

もし Vim がメモリリークを起こしているような感じがして、そしてあなたが Linux を
使っているなら、valgrind ツールを使うことでメモリリークをピンポイントで検出す
ることができます。

まず、Vim を EXITFREE の定義付きでビルドします。MAKEFILE を検索して該当行のコ
メントを外してください。

次のコマンドで Vim を起動してください:

        valgrind --log-file=valgrind.log --leak-check=full ./vim

Note: Vim の実行はとても遅くなります。.vimrc が大きかったり多くのプラグインを
入れていたりすると起動にとても時間がかかるので、その場合は "-u NONE" 引数を指
定して起動してみてください。

ライブラリがメモリリークを起こしている場合もあります。例えば getpwuid() や
XtVaAppCreateShell() などです。それらを避けることはできません。リークしている
バイト数は数キロバイト以下のはずです。

==============================================================================

3. Windows でのバグレポート                             debug-win32

Windows版の Vim が再現可能な手段でクラッシュした場合、次の方法で有用なバグレ
ポートを作成できます。

3.1 一般事項

実行ファイルに対応したデバッグシンボルファイル (PDB) を用意してください。
gvim.exe には gvim.pdb、vim.exe には vim.pdb が必要です。あなたが実行ファイル
を入手したのと同じ場所に用意されているはずです。EXE に対応した (同じ日付の)
PDB でなければいけません。

Microsoft Visual C++ コンパイラを使って自分で実行ファイルを作成した場合は、PDB
は EXE といっしょに作成されています。

他の方法もあります。ソースファイルを入手し、Visual Studio のワークスペースに
Make_ivc.mak を取り込んでください。そして、デバッグの設定を選択し、ビルドして
ください。ブレークポイントの設定や変数の監視など、すべてのデバッグ機能が使えま
す。

Visual Studio を持っている場合はそれを使ってください。VC Toolkit と WinDbg は
必要ありません。

他のコンパイラを使っている場合は、それぞれ適切なデバッガを使ってください。
Borland コンパイラで作成した Vim 実行ファイルなら TD を使ってください。Cygwin
または MinGW のコンパイラなら gdb を使ってください (上記参照 debug-gcc)。


                                                                debug-vs2005
3.2 Visual Studio 2005/Visual C++ 2005 Express で Vim をデバッグする

vim.exe か gvim.exe を起動し、Visual Studio を起動してください。(Visual Studio
を持っていない場合は、get-ms-debuggers の説明に従って、無料の Visual C++
2005 Express Edition を入手してください。)

メニューから「ツール/プロセスにアタッチ」を選択し、Vim のプロセスを選択します。

そして、Vim を操作してクラッシュを再現します。「ハンドルされていない例外が発生
しました」という Visual Studio のダイアログが表示されるので、中断ボタンをク
リックしてプロセスを中断してください。

シンボルが読み込めず、ソースコードを表示できなかったときは、もう一つダイアログ
が表示されます。OK をクリックしてください。

ウィンドウがいくつか開きます。呼び出し履歴ウィンドウの右クリックメニューから
「シンボルの読み込み」を選択してください。シンボル検索ダイアログが開くので、
(g)vim.pdb のあるディレクトリを選択してください。

このとき、呼び出し履歴ウィンドウには Vim の関数名や行番号が表示されているはず
です。どれかをダブルクリックするとソースの検索ダイアログが表示されます。Vim の
ソースがあるディレクトリを選択してください (もしソースがあるなら)。

さらに詳しくデバッグする方法が分からないときは、":help bug-reports" の説明に
従ってください。バグレポートに呼び出し履歴を貼り付けてください。

有料版の Visual Studio を使っている場合は、デバッグメニューから minidump を保
存できるので、それをバグレポートに添付してください。minidump は 100KB 以下の小
さなファイルで、Vim のプロセスに関する情報が入っています。
Visual C++ 2005 Express Edition では minidump を保存できません。just-in-time
デバッガ (クラッシュを検出して自動的に起動されるデバッガ) もインストールされま
せん。それらが必要なときは WinDbg (debug-windbg) を使ってください。

                                                                debug-windbg
3.3 WinDbg を使って Vim をデバッグする

WinDbg の入手方法は get-ms-debuggers を参照してください。

Visual Studio IDE を使うのと同じように、WinDbg から Vim のプロセスにアタッチで
きます。プログラムがクラッシュしたときに、事後分析デバッガ (postmortem
debugger) として、WinDebug を自動的に起動することができます。事後分析デバッガ
として WinDeb を設定するには "windbg -I" を実行してください。

WinDbg から、実行中の Vim のプロセスにアタッチするには、WinDeb を起動し、File
メニューから「プロセスにアタッチ」を選択し、Vim のプロセスを選択して OK をク
リックします。

メニューから「File->Symbol File Path」を選択し、Vim PDB の入っているフォルダを
symbolpath に追加してください。Vim のソースファイルもある場合は、File メニュー
のSource File Path を使ってください。WinDbg でソースファイルを開いたり、ブレー
クポイントを設定したりできます。Vim をクラッシュさせると、クラッシュした場所の
ソースファイルが WinDbg で開かれます。View メニューを使って、コールスタック、
ローカル変数、ウォッチウィンドウなどを見ることができます。

事後分析デバッガとして WinDbg を使っている場合、WinDbg から Vim のプロセスにア
タッチする必要はありません。Vim をクラッシュさせるだけで WinDbg が自動的に起動
します。上述のように、シンボルファイルパスとソースファイルパスを設定してくださ
い。

minidump を保存するには、WinDbg コマンドラインで次のコマンドを入力します:
        .dump vim.dmp

                                                        debug-minidump
3.4 Minidump を開く

Visual Studio か WinDbg を使って minidump を開くことができます。

Visual Studio 2005 の場合: メニューから「ファイル->開く->プロジェクト/ソリュー
ション」選択し、.dmp ファイルを開いてください。F5 キーを押してデバッガを起動し
ます。Symbol File Path の設定について debug-vs2005 の説明も参照してくださ
い。

WinDbg の場合: メニューから「File->Open Crash Dump」を選択します。Symbol File
Pathの設定について debug-windbg の説明も参照してください。

                                                        get-ms-debuggers
3.5 Microsoft デバッグツールの入手方法

Windows 用のデバッグツールは次の場所からダウンロードできます
    http://www.microsoft.com/whdc/devtools/debugging/default.mspx
これには WinDbg デバッガが含まれています。

Visual C++ 2005 Express Edition は次の場所からダウンロードできます。無料です。
    http://msdn.microsoft.com/vstudio/express/visualC/default.aspx

=========================================================================
 vim:tw=78:ts=8:ft=help:norl: