vim-jp » Vimのユーザーと開発者を結ぶコミュニティサイト

VisualStudio10を使ってのビルド方法


VisualStudio10が既にインストールされている前提で説明します。

  1. Gitのインストール

    GitからGitをインストールします。

  2. ソース取得

    コマンドプロンプトから以下を実行します。

    git clone https://github.com/vim/vim.git
    

    git cloneを実行した後にソースが更新された場合は、以下のコマンドで最新のソースを取得できます。

    git fetch
    git merge
    

    ローカルでの変更がない場合、あるいは2つをまとめて以下のコマンドでもOKです。

    git pull
    

    特定のバージョンを指定して取得する場合は、以下のコマンドを実行します。

    git checkout v7.4.393
    
  3. コンパイル

    vim/srcフォルダに移動し以下のコマンドを実行します。

    nmake -f Make_mvc.mak GUI=yes IME=yes MBYTE=yes
      ICONV=yes DEBUG=no
    

    ※実際は1行

    もしPerl拡張やRuby拡張、Python拡張を使う場合は以下の様に指定します。

    nmake -f Make_mvc.mak GUI=yes IME=yes MBYTE=yes
      ICONV=yes PERL=C:\strawberry\perl DYNAMIC_PERL=yes
      PERL_VER=512 PYTHON=c:\python27 DYNAMIC_PYTHON=yes
      PYTHON_VER=27 RUBY=c:\ruby193 DYNAMIC_RUBY=yes RUBY_VER=19
      RUBY_VER_LONG=1.9.1 CSCOPE=yes MSVCVER=6.0 NETBEANS=yes
      DEBUG=no
    

    ※実際は1行
    必要に応じてビルド前にvcvarsall.batvcvars32.bat等を実行しておいて下さい。

    VC11以降を使う場合は、SDK_INCLUDE_DIRWin32.mak があるディレクトリを指定する必要があります。例:

    "SDK_INCLUDE_DIR=C:\Program Files (x86)\Microsoft SDKs\Windows\v7.1A\Include"
    

    Vim 7.4.393以降で使えるようになったDirectWriteを有効にするには、DIRECTX=yes を指定する必要があります。


もどる