次回予告

※更新が遅れる場合、過去のものが掲載されている可能性があります。

vimrc読書会とは

オンラインで集まり、毎回みんなで特定の誰かの vimrc を読んで、気になるところやわからないところ、感心するところなどを好き勝手に言いあう集まりです。

目的

他の人の vimrc を読むことで、便利な設定を共有したり、便利なプラグインを発掘したり、Vim script に対する理解を深めたりします。 また、時には自身の vimrc を読んでもらうことで、vimrc の問題点を発見し、vimrc を洗練させます。コードレビューと同等の効果が期待できます。

開催概要

場所について、第200回までは Lingr の Vim 部屋を使っていました。第201回から、試験的に Gitter で開催します。 何か問題があれば Lingr に戻る可能性もありますが、基本的には Gitter へ移行する予定です。

発言するには GitHub か Twitter のアカウントを取得し、Gitter へログインする必要があります。ログが読みたいだけなら、その必要はありません(各過去の開催ページにログへのリンクがあります)。 終了時間は特に決まっていませんが、毎回だいたい1時間くらいです。ただし、後述の通り途中参加/途中離脱OKです。

おやくそく

リクエスト

今後読んでみたい vimrc を上記の wiki で追加する事ができます。 もし、読んでみたい vimrc があったらぜひ上記の wiki に追加してください!

読まれることになった方へ

本会では、広く公開されている vimrc の中から読む vimrc を勝手に選んで読んでいます。公開されているものは読まれても問題ないものであると考え、一定の手間を避けるために、基本的に vimrc の持ち主に連絡を行うことはありません。

ただし、もしあなたの vimrc が読まれることになり、かつ都合が悪い場合は、お手数ですが運営メンバーへご連絡ください。善処したいと思います。

例:

過去の開催

過去の開催はこちら

運営

主に開催の日程を決めたり、vimrc を探してきたり、当日の進行(と言っても開始と終了の合図をするくらい)をする人たちです。

運営者はいつでも募集中です。お気軽に声をかけてください!